温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年09月09日

八塩温泉 「神水館」④


 昨日は、3年ぶりに八塩温泉(群馬県藤岡市)を訪ね、半日取材。
 夜は、「日本秘湯を守る会」 会員宿でもある 「神水館」 に泊まってきました。

 3年前に訪れた時は新聞記事の取材で、女将と若女将から話を聞きました。
 と、いうことは5代目主人の貫井昭彦さんにお会いして話を聞くのは、2010年に出版した『群馬の小さな温泉』(上毛新聞社) の取材以来ですから、5年ぶりということになります。

 あの頃、ご主人は、まだ40代後半でした。
 今は僕と同じ五十路であります(お互い、会わない間に歳をとりましたね)。

 老舗温泉宿の主人と、温泉ライター。
 互いに仕事は異なりますが、温泉を愛する者同士です。
 膝を突き合わせれば、もう、止まりません!
 熱い熱い、温泉談義のはじまり、はじまり~!

 「富岡製糸場と絹遺産群」 の世界遺産登録の前と後の客の変化から始まり、ネットによる誹謗中傷や秘湯の減少、しまいには某ホテルチェーンの温泉地席巻問題に至るまで、白熱した討論が時間を忘れて繰り広げられたのであります。

 で、つくづく僕は感じました。
 「ああ、この人は、心底温泉を愛しているんだなぁ~」 と!

 いい湯守がいる宿か、そうじゃないか、というのは、その宿に行ってみれば、本当は誰でも分かることなんですね。
 なのに現代人は、情報過多の世の中にいて、なかなか自分の五感を使って正しい判断ができなくなっています。
 設備やサービスばかりが優先して、肝心な温泉の価値判断が二の次三の次にされています。

 「ネット社会の今は、素人誰もが総評論家ですから」
 と言って苦笑いをしたご主人の言葉が、僕の胸に突き刺さったまま、今でも抜けません。


 源泉の温度は約15℃。
 身が縮み上がるような冷鉱泉です。
 でも、こんな冷たい鉱泉を、何百年も昔から温めて入っていたのです。

 “塩の湯口 八ツ所”
 これが八塩の由来です。
 戦時中は製塩所があったほど、濃厚な源泉が湧いています。
 それゆえ入浴には、加水、加温して使用していますが、神水館には八塩温泉で唯一今でも 「源泉風呂」 があります。
 これこそが、ご主人の湯守としてのこだわりなのであります。

 「うーーーーっ!」
 と気合を入れて湯舟に沈めば、あれよあれよのうちに沈殿していた析出物が舞い上がり、あっとい間にレンガ色の湯舟に早変わり。
 そして、その味は、「しょっぱーーーい!」 のであります。


 もちろん湯上がりは、熱した旧鬼石町特産の名石“三波石”の上でカモ肉を焼いて食べる 「三波石焼き」 に舌鼓を打ちながら、冷えた生ビールをジョッキで豪快にいただきました。

 ご主人、女将さん、またまた大変お世話になりました。
 この恩は、いずれ活字にしてお返しいたします。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
八塩温泉 「神水館」④
    コメント(0)