温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年09月16日

磯部温泉 「見晴館」


 う~ん、嫌いじゃないんですねぇ……。
 いえ、はっきり言って、好きなんです。
 こういう、小さな宿。
 風情があって、落ち着いていて、まさに “旅の宿” を感じます。

 温泉街から一本道をへだてた高台の石畳。
 入口には、“旅籠や” の文字。

 佇まいも、玄関も、ロビーもこじんまりしていますが、清潔感があり、コンパクトにまとまっています。
 客室は2階に、わずか10部屋。
 広さも10畳ほどですが、「見晴館」 の名にふさわしく格子窓越しに温泉街を望み、なんとも旅情に満ちています。

 いえね、僕が部屋に入って、真っ先に気に入ってしまったのは、広縁なんです。
 最近の旅館やホテルは、これがないところも多いんですよ。
 昭和の頃の旅館には、必ずありました。

 小さな宿ですから、広縁も広くありません。
 それでもトイレと洗面所の間に、小さいながら丸テーブルとイスが2脚置かれています。

 障子窓を開けると、たった今歩いてきた石畳の道が見下ろせます。

 「ああ、気に入っちゃった! ここでビールが飲みたいなぁ~」
 と開口一番、本音をもらす僕。
 するとカメラマン氏が、
 「久しぶりに、撮りましょうか?」
 と、冷蔵庫から瓶ビールを取り出してきました。

 “久しぶり” というのは、かつて同じロケーションで撮影したことがあるからです。
 あの時も、石畳の温泉街を眺めながら、ビールを飲みました。
 ※(拙著 『みなかみ18湯』下巻のP92を参照)

 ということで、2年ぶりに広縁でビールを飲むシーンを撮影しました。


 とにかく居心地の良い宿なんです。
 小さい宿というのは、浴室へ行くにも、食事処へ行くにも、動線に無駄がなくていいですね。
 また、その館内をきびきびと動き回っているご主人や女将さんの姿にも、とっても好感がもてました。

 もちろん、夜は名物の「ふわふわ豆腐鍋」 を存分に堪能。
 そのフワフワで、トロトロの食感は、クセになりそう。
 溶け出した豆腐のスープも、最後の一滴まで残さずにいただきましたよ。

 群馬には素敵な宿が、まだまだたくさんありますね。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)
 川場温泉 「悠湯里庵」⑤ (2018-04-25 11:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
磯部温泉 「見晴館」
    コメント(0)