温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年09月23日

なんで、わかるの?


 いつものように自転車に乗って、買い物へ出かけた帰り道のこと。
 ショッピングセンター脇の歩道を、鼻歌まじりで走行していると、突然、

 「あ゛あ゛ーーーーー!!!!」

 と、前方からやってきたオジサン(60歳代) が、大声を上げたのです。

 キキキキーーーー!

 僕は、思わず急ブレーキをかけました。

 「あんた、あんた、えーと、誰だっけ?」

 いきなり誰だっけと言われても、僕は、こんなオジサン知りませんって。
 もしかして、あぶない人?
 と、身構えて警戒していると、

 「あっ、そうだ、温泉の人だ! あんた、テレビに出ているでしょ?」

 「あ、はい……」
 キョトンとしていると、そのオジサンは矢継ぎ早に 「どこの温泉がいいか?」 とか、「私は○○温泉が好きだけど、あそこは、どうなんだい?」 などと質問攻めに遭ってしまいました。

 でも、ここは路上です。
 別に家路は急いでないけれど、完全に “通せんぼ” されている状態に、困惑してしまいました。


 と思えば、先日は、ATMの列に並んでいるときのこと。
 前のオバサンが、僕の顔をジロジロと眺めています。
 「どうか、されましたか?」
 と声をかけると、
 「テレビ、出ているよね。いつも見てますよ」

 また初めて寄ったコンビニのレジでも、オバサン店員が、
 「小暮さんですよね? 温泉の?」
 でも、こんな時に限って買った商品が、日本酒とさきイカだなんて、最悪だ!
 のん兵衛伝説が広まってしまう~(涙)。


 でも、みなさん、どうして僕だってわかったのですか?
 僕の顔って、そんなにも特徴がありますかね?
 テレビに出ているっていっても、月に1回ですよ!

 僕は、もし街で芸能人に会っても、「ああ、似ている人がいるなぁ~」くらいにしか思いませんもの。
 まして、声をかける勇気なんて、絶対にありません。


 先日、このことをテレビ局の担当ディレクターに話しました。
 すると彼の言うことには、
 「それだけ熱心に観てくれている視聴者がいるということですよ。うれしいことじゃないですか!」

 ですね。
 僕も、そう思います。

 でも、なんで、わかったんだろう・・・
 うれしいやら、はずかしいやら、こわいやら、複雑な心境です。


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
 「九九(くく)=81」というのと同じくらい、
「群馬の温泉=温泉ライターの小暮さん」という数式が、
みんなの中に、インプットされているんですね。

 自分も、県内の温泉記事を読む時には、小暮さんが『「当然』
書いていると思って読んでいます。

 なので、小暮さん以外の人が書いたと分かったときには、
「なぜ、小暮さんの記事じゃないの。どうして小暮さんが
書いてないんだろう」と無意識に反応してしまいます。
Posted by 温泉ハイリエ at 2015年09月23日 21:59
有名人は、大変ですね。どこで、誰が観ているか分かりません。小暮さんがコンビニで立ち読みをしているところを、歩道を自転車で走っているときに見ました。急いでいたときなので、挨拶も出来ませんでしたが。
先日、ご紹介していただいた女将さんとも、連絡が取れ、喜んでいただきました。ありがとうございます。
小暮さんが実家にお泊まりの時は、飲みに行きましょう。
Posted by ヒロ坊 at 2015年09月23日 22:31
温泉ハイリエさんへ

あらら、それは褒め過ぎでしょう!
いつも拙文を愛読いただき、ありがとうございます。
大変うれしいのですが、その反面、プレッシャーも感じていまして……
東奔西走、これからも県内隅々の温泉をまわって、読者のみなさんに報告いたしまーす!


ヒロ坊さんへ

ギクッ! コンビニ、立ち読み?
エロ…、じゃなかったでしょうな。
今度から 「文藝春秋」 を立ち読みします。

O温泉の件、お力になれてうれしいです。
女将さんに、よろしくお伝えください。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年09月24日 11:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
なんで、わかるの?
    コメント(3)