温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年09月29日

越後湯沢温泉 「高半」


 「先生、火曜定休ですよ」
 「えっ、あちゃ~! まただよ」
 ついてないとは、このことだ。
 またしても共同浴場の 「山の湯」 に入ることができませんでした。
 ※(2012年10月16日 「越後湯沢温泉 「白銀閣 華の宵」 参照)

 ということで、今日は月に1回の温泉講座日でした。
 早いもので、NHK文化センター主催のこの講座も、今年で7年目になります。
 今回は久々に群馬県を飛び出して、お隣の新潟県へ行って来ました。

 越後湯沢温泉といえば、開湯900年の歴史を誇る越後を代表する名湯であります。
 そして、何よりも文豪・川端康成の名作 『雪国』 の舞台として知られています。
 で、『雪国』 といえば、川端康成が滞在して、執筆した老舗宿 「高半」 ということになります。

 今回は、温泉に浸かるだけではなく、文学にも浸りに行ったのであります。


 バスは関越自動車道を北へ走り、湯沢ICから温泉街へ。
 まずは、湯沢町の歴史民俗資料館 「雪国館」 で、歴史と文化に触れることに。
 でもね、僕は気が気ではないのです。
 何がって、ええ……、その……。
 だって、歩いてすぐのところに、日本酒が飲めるところがあるんですもの。

 ま、僕としては、この資料館は以前にも来たことがありますし、しっかり 『雪国』 は読んで予習もしてきたので、今回はサラッと見学することにして、酒好きの有志を募って、ひとっ走りして越後湯沢駅まで行って来ることにしました。

 そう、越後湯沢駅には、のん兵衛御用達の利き酒ギャラリー 「ぽんしゅ館」 があるのです。
 500円で、100銘柄以上もの新潟の酒の中から、5種類も飲めるのですよ!(お猪口は小さいですが)
 〆張鶴や影虎など、とりあえず駆けつけ5杯飲んで、バスに戻りました。


 「高半」 は、温泉街を見下ろす高台に建っています。
 川端康成も、この素晴らしいロケーションを眺めながら、執筆をしていたのですね。
 その、昭和9年~12年にかけて滞在した 「かすみの間」 が、館内には展示室とともに残されています。

 <島村が内湯から上がって来ると、もう全く寝静まっていた。古びた廊下は彼の踏む度にガラス戸を微かに鳴らした。その長いはずれの帳場の曲がり角に、裾を冷え冷えと黒光りの板の上に拡げて、女が高く立っていた。> ( 『雪国』 より)

 さっそく、我も文豪に成り切って、歴史ある名湯に浸かったのであります。

 越後湯沢には、いくつもの源泉が湧いていますが、戦後にボーリングした源泉は単純温泉や塩化物温泉なのです。
 でも、ここは昔ながらの “たまごの湯” と呼ばれる硫黄温泉であります。
 ほのかな香りと、そのシルクのようなやわらかな浴感を、存分に堪能してまいりました。


 
******************************************************************************
NPO法人湯治乃邑は浅間隠温泉郷架け橋プロジェクトを推進しています。

皆様のご支援を宜しくお願い致します。

本日、最終日です。
https://faavo.jp/gunma/project/574

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)
 川場温泉 「悠湯里庵」⑤ (2018-04-25 11:40)

この記事へのコメント
高半のお湯、本当に玉子の白身のようにトロトロ感があって、とっても素晴らしい温泉でした。ここはまたゆっくり入りたい温泉です。
「山の湯」 は定休日で残念でしたが、期待が膨らみます!次回の楽しみとなりました。

そして・・・利き酒ギャラリー 「ぽんしゅ館」 ♪
有志?全員ハイテンション!良い温泉の湧く所には良いお酒があることを学んだのでありました(´▽`)
Posted by mimi at 2015年10月01日 23:59
高半は年に1度は必ず行く宿ですね
乱暴ですが 貝掛と高半を知っていれば あとは いいかな?て感じです
湯沢では

リゾートマンションでも 購入して 群馬から脱出でもと
不動産屋に 行きましたが お湯は枯れてて 断念した記憶があります。
Posted by momotaka at 2015年10月02日 00:35
mimiさんへ

“良い温泉の湧く所に良いお酒がある”
まさに、自ら学び取った生きた勉強ですね。
素晴らしい!
その調子で、次回からもガンガン酒を飲みましょう!(?)
いえ、生きた勉強をしましょうね。


momotakaさんへ

確かに乱暴な発言ではありますが、否定はしません。
それくらい素晴らしい温泉です。
そして、どちらもmomotakaさんのお好きな “ぬる湯” ですね。
さすが、いい温泉を知ってらっしゃる!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年10月02日 20:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
越後湯沢温泉 「高半」
    コメント(3)