温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年10月04日

藤岡温泉 「藤岡温泉ホテルリゾート」④


 <藤岡市内といっても上日野は、山深い清流の里。鮎川沿いの谷をクネクネと車で走ること約30分。 「この道で間違いないのだろうか?」 と、いささか不安が脳裏をよぎるころ、ホテルの誘導看板が見えてきた。> ( 『新ぐんまの源泉一軒宿』 より)

 藤岡温泉を訪ねるのは、今回で5回目だというのに、やはり今回も 「通り過ぎてないよなぁ~」 と不安になってしまいました。
 それほどに深い深い山の奥に、ホテルはあります。
 実際に、なかなかたどり着けなくて、引き返してしまう人もいるとのこと。
 それゆえ、たどり着いたときの喜びは、ひとしおというものです。


 藤岡温泉は、訪ねるたびに、何かが変わっているのであります。

 平成4年までは、現在の別館と今はない温泉センターだけで営業をしていました。
 その頃は、温泉名は「ひの谷温泉」。
 施設名を 「あずさの湯」 といいました。

 平成7年にホテルが完成し、温泉名を 「藤岡温泉」 に改名。
 当時の施設名は、「藤岡温泉ホテル」 でした。

 平成23年に経営会社が替わり、「藤岡温泉ホテルリゾート」 として生まれ変わりました。

 ただ、オープン当初から変わらないものがあります。
 それは、源泉!
 pH値9・8という強アルカリ性のトロンとした“ツルツル”“スベスベ” の湯です。
 かつて僕が、「群馬三大ツルスベ温泉」 の1つに命名したことがあるほどです。

 その湯は、今回も健在でした!
 いえいえ、さらにパワーアップしたようにさえ思えます。

 初めて体験するする人は、桶で湯をすくい、かけ湯をしただけで、「あっ!」 と驚かれるはずです。
 体を流れる液体は、もはや湯ではなく、オイルのよう。
 ゆっくりと肌を落ちる浴感は、まず他では味わえないと思います。

 以前、僕が講師を務める温泉講座で訪れたときのこと。
 ある受講生が、湯舟で自分の体をさすりながら 「まるでウナギを触っているようです」 と言って笑ったことを思い出します。
 それほどに、初めて入浴する人には、衝撃的な温泉なのであります。


 で、今回も、何かが変わっていました。
 それは・・・

 「ええ、加水を止めたんですよ。たぶん、そのせいだと思います」
 と支配人の河辺隆夫さん。
 そうです、パワーアップしたように思えたのは、僕の気のせいじゃなかったのです!

 まだ未体験の人は、とりあえず体験してみてください。
 また体験済みの人でも、よりパワーアップした浴感を体感してみてくださいな。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
藤岡温泉 「藤岡温泉ホテルリゾート」④
    コメント(0)