温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年10月07日

相間川温泉 「ふれあい館」②


 <まず、露天風呂の湯の色に驚いた。茶褐色というよりは、鮮やかなオレンジ色をしている。西上州には珍しく鉄分を多く含んだ温泉だ。にごりが濃厚のため、足元が見えない。ゆっくりと湯底を足の裏で確かめながら入った。> ( 『ぐんまの源泉一軒宿』 より)

 昨晩は、久しぶりに相間川温泉(高崎市倉渕町) の 「ふれあい館」 に泊まってきました。

 「えっ、あそこって、日帰り温泉なんじゃないの?」 って、思った人もいるかもしれませんね。
 一見、そんな造りですものね。
 でも宿泊施設のある、れっきとした一軒宿の温泉地なんですよ。
 ※(相間川温泉には、「せせらぎの湯」 という日帰り入浴施設があります)


 群馬県内には、さまざま色の “にごり湯” があります。
 鉄分を多く含む赤褐色の温泉といえば、伊香保温泉や赤城温泉が知られていますが、僕が思うに、その色の濃さで言えば、ここ相間川が一番濃厚だと思います。

 で、今日の湯は、茶褐色というよりは、やや緑がかった黄土色でした。
 季節や天候、光の加減で、訪ねるたびに色を変えるところも楽しみの一つです。


 <湯をすくい、鼻先へ近づけると金気臭い。顔に触れると、ひげそり後の肌がヒリヒリする。なめると、かなり塩辛い。(中略) 体を移動しようと手をついた瞬間、ふわりと尻が浮いた。>

 相変わらず、塩分濃度も県内トップクラスであります。
 思わず 「しょっぺー!」 と、なめた途端に顔をしかめるほど。
 さらに、苦味もある。

 この鉄分と塩分の多さが、この温泉の最大の特徴なのです。
 浴室には所々に、こんな注意書きが貼られています。

 “湯あたり注意!” “長湯は禁物!”

 どうしてか、わかりますか?

 実は、鉄分と塩分が多い温泉は、体感温度が実際の温度よりも低く感じられるのです。
 そのため、心地よくなって、ついつい長湯をしてしまい、のぼせてしまうというわけです。
 でも、それだけ体が温まるということなので、湯冷めをしにくいともいえます。
 これからの季節に、ありがたい温泉であります。

 でも、やはり長湯は禁物ですぞ!
 湯あたり御免!
 ※(だいぶ救急車が出動しているらしいですよ)
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)

この記事へのコメント
ジュンジューン!!
こにゃにゃちわ。
西上州の温泉は前橋、高崎からも近いので要チェック!
ふれあい館は、私も日帰り温泉かと思ってました。
これからの季節、塩分、鉄分の多い温泉は
身体の芯から温まりますよね♪
風呂上がりの肌がペタペタ、吸い付くんだ!!
仕事、家族のこと…今は大変な時ですが
温泉に入って一杯やれるのを楽しみに頑張りまーす。
Posted by 繭りん at 2015年10月08日 18:15
繭りんさんへ

こにゃにゃちわ!!
西上州の温泉は、ほとんどが冷鉱泉です。
でも、何百年と湧き続ける霊験あらたかな薬湯が多いんですよ。
先人たちの知恵を学ぶ良い機会だと思って、コツコツとめぐっています。
もちろん、取材で温泉に入った後に、一杯やるのが一番の目的ですが……。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年10月09日 11:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
相間川温泉 「ふれあい館」②
    コメント(2)