温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年10月21日

温泉が消えていく!


 突然、こんなメールが届きました。
 <毎日新聞、拝見いたしました。温泉が一つ消え、二つ消えていく時代に心痛めています。日本秘湯を守る会会員宿も同じです。大変な時代を迎えました。>
 秘湯の一軒宿を営むご主人からでした。

 すでに、ご覧になった人もいるでしょうね。
 10月18日(日) の毎日新聞群馬版に、NPO法人 『湯治乃邑(くに)』 の活動が大きく取り上げられました。
 先日の役員会議の様子を撮った写真もカラーで載りました。

 記事では、理事長である僕の談話を事細かに詳しく記しています。
 2009年に出版した拙著 『ぐんまの源泉一軒宿』 で取材した宿が、6年後の現在では8軒も廃業していること。
 一軒宿の廃業は、実質、温泉地の消滅であること。
 加速を増して、年々群馬県内から温泉が消えている現状など、記者は丁寧な取材で事実を伝えてくれました。

 そして記事は、当法人が着手している湯治場再生事業の例にも触れ、現在、浅間隠温泉郷(吾妻郡東吾妻町) で行っている “夢の架け橋プロジェクト” についても紹介しています。


 この記事を読んだ一般の人は、どう思ったのだろうか?
 「世の常だ。仕方がないことだ」 そう感じたのでしょうか?
 でも、このままでは全国から “秘湯” と呼ばれる小さな温泉地が確実に消えていきます。

 誰かが声を上げねば!
 そして、何かを始めなくては!
 ただ、その思いだけで活動を行っています。

 だって、こうして、新聞記事を読んだ一軒宿のご主人が、心を痛めながらメールをくださるのですから。
 ジッとなんて、していられません!

 ぜひ、みなさん、力を貸してください。
 1軒でも多くの温泉宿を残すために、ぜひ、足を運んでほしいのです。

 “入って残そう 群馬の温泉”


 一方で、大都会の真ん中に温泉が湧いたと、大騒ぎをしています。
 皮肉な時代になったものです。







同じカテゴリー(湯治乃邑)の記事画像
1周年記念パネルディスカッション
夢の架け橋
同じカテゴリー(湯治乃邑)の記事
 パネディス、今年も開催します! (2018-08-22 18:11)
 コラム 『湯治ふたたび』 (2017-09-28 14:02)
 湯治場の復活を考える② (2017-09-09 13:00)
 第2回 公開パネルディスカッション (2017-08-17 14:37)
 貧すれば敏する (2017-01-19 11:56)
 今日の朝日新聞③ (2016-11-27 12:59)

この記事へのコメント
心にグッとくるメッセージありがとうございます

ご褒美は、12月に群馬県上級温泉アドバイザー試験に休まず行くこと!
としときます。

ワタシの強かなところは、自分を完全に犠牲にしない主義なところ
というか、3年越しの目標と夢なので
介護で道に迷わなでいられるのも、温泉のおかげ様かなと
温泉の神様がパワーを分けてくださっているのかな
腰は最悪ですが、心は負けてませんよ

師匠様のお酒くらい切っても切れません(笑)
Posted by ぴー at 2015年10月21日 14:53
ぴーさんへ

3年前のセミナーに、毎週通ってきた頑張り屋のぴーさんの姿が目に浮かびます。
“負けない精神” 応援します!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年10月22日 00:50
小暮 様

ご無沙汰しております。
温泉も然りですが、群馬県は文化や芸術に対して、疎いと思われます。
それなので魅力度のランキングは、例年のように下位なのでしょう。

まずは一番の要である自治体が動くべきだと思いますが、このお役人さん方が駄目ですね…。
富岡製糸場がいい例ですが、形だけで中身が無い。
小暮さんの住まれている前橋市もそうでしょう。中身の無い事業ばかりだから、文化が薄れていくのです。
また、無駄な公共工事ばかりが、行われているようにも見受けられます。
群馬県のお役人さん方は、ギリシャを目指しているのでしょうか?

私は小暮様のお蔭で、温泉のことをよく知り、幾つかの日帰り温泉に足を運んでおります。
近々、藤岡温泉ホテルリゾートにも行く予定です。

今後とも小暮様のご活動を、楽しみにしております。
Posted by 毘 at 2015年10月23日 16:32
毘さんへ

ご無沙汰しています。
おっしゃるとおりなんですが、ヤツラは聞く耳も持ちませんので、実力行使で結果を見せつけるしかありません。
微力とは分かりつつも、コツコツと動くことにしました。
こちらこそ今後とも、よろしくお願いいたします。

藤岡温泉のトロトロの湯を楽しんできてください。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年10月23日 21:08
全国どこでも 同じ末路ですね
集客力のある温泉地は 海外旅行者の取り込みと 富裕層むけに特化してますね


それ以外は 切る札もなく 廃業に向かうしか 無いのは無理も無いですね

群馬県そのものが 人口減少と産業の流失が 止められないのですから
会社なら 既に倒産。

色々 意見はあると思いますが 選挙で選ばれたリーダーが 群馬をダメにしたのです

出来る事は 温泉に対する 正しい認識と 県内の温泉活用を推進してくれる 議員の確保位でしょうか?

まぁ 拝金主義ですから 裏金が入らないと 政治家は動かないですが……
Posted by momotaka at 2015年10月27日 13:01
momotakaさんへ

拝金主義って、イヤ~な言葉ですね。
無縁なところで生きていると、どんどん世の中から取り残されていくようです。
それでも何もしないよりはマシだと、無い頭をしぼり、ひ弱な体を動かしています。

温泉宿の廃業が止まらない現実を、一人でも多くの人に知ってほしいのです。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年10月28日 00:23
最近、新宿に温泉がオープンしました。
Posted by 温泉ファン at 2015年11月07日 20:11
温泉ファンさんへ

街の中に、“コンビニ温泉” が雨後の筍のように急増する一方、何百年と歴史のある “ホンモノ温泉” が姿を消しいる現実。
黙って見ているわけにはいきません!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年11月08日 00:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉が消えていく!
    コメント(8)