温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年10月27日

妙義温泉 「妙義グリーンホテル」②


 ついに、行ってきました~! 話題の「こんにゃくパーク」 へ。

 とにかく人気なんですってね。
 世界文化遺産の富岡製糸場よりも人気だというウワサです。
 百聞は一見にしかず、ということで覗いてきました。

 えっ、「小暮さんって、そういうミーハーっぽいところのある人なんですか?」 って?
 もちろん、仕事ですよ。し・ご・と!


 今日は、月に1度の野外温泉講座日でした。
 僕は6年前からNHK文化センターのカルチャー講座の講師をしています。
 本年度後期講座の第1回目となる10月の講座地は、富岡市の妙義温泉。
 ということで、近くの 「こんにゃくパーク」 へ立ち寄ったというわけです。

 いやいや、平日の午前中だというのに混んでいましたよ。
 すでに観光バスが何台も停まっていました。
 入場も無料、食べ放題のバイキングも無料というのが魅力のようです。
 (中山秀ちゃんのテレビCM効果も大きいかもしれませんね)

 「えー、お昼前ですから、いくら無料だからといって、こんにゃくを食べ過ぎないように」 とバスの中で受講生に注意をした僕が、ついつい食べ過ぎてしまいました。
 カレー、酢豚、焼きそば、ラーメン、鉄板焼き……
 いろいろ食べましたけど、やっぱりスタンダードな味噌田楽が一番美味しかったですね。
 所詮、こんにゃくですからね。昔ながらのシンプルな食べ方が美味しいことが分かりました。


 で、講座に話は戻します。
 妙義温泉は、現在、2つの施設があります。
 1つは、今回訪ねた妙義グリーンホテルの 「長寿の湯」、もう1つは日帰り温泉の 「もみじの湯」 です。
 なぜ、あえて “現在” と言ったのか?

 かつて妙義温泉は、妙義山の中腹、妙義神社の門前に3軒の旅館がありました。
 忘れもしない、平成16年に週刊ポストがスクープした白骨温泉(長野県) の「温泉偽装問題」!
 群馬県も水上温泉や伊香保温泉があおりを受け、だいぶ叩かれましたが、妙義温泉も例外ではありませんでした。
 天然温泉ではないことが発覚して、1軒は廃業、2軒は観光旅館となりました。
 実質、妙義温泉という温泉地は消えてしまったことになります。

 ま、一応、温泉講座ですからね。
 そんな話をしつつ、目的地へと向かったわけです。


 以前にもブログに書きましたが、ゴルフ場の温泉だとあなどるなかれ!
 平成6年のオープン以来、その湯の評判は県内外に広まり、いつも混雑しています。
 ゴルフ場の利用客は全体の3割。残り7割の客は観光と温泉目的で訪れています。

 今日の湯は、うっすらと生成り色した半透明。
 相変わらず、肌にまとわり付くようなトロスベ感は健在。
 源泉はナトリウムイオンが海水の10倍という高濃度の塩分を含んでいるため加水されていますが、それでも保温効果は抜群です。
 湯上がりは、なかなか汗が引きませんでした。

 これからの季節、塩分濃度の高い温泉はおすすめです。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
妙義温泉 「妙義グリーンホテル」②
    コメント(0)