温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年10月29日

読者って、ありがたい!


 現在、書店では7冊の著書が販売されています。
 ※(ネットでは、この他、絶版本も購入できるようです)

 やはり著者としては、その売り上げが気になるのであります。
 書店の前を素通りすることはできません。
 用が無くても、ついつい立ち寄ってしまいます。
 そして、まずは自分の本をチェック!

 「あれ、最近の本しか置いてないぞ」
 「あ、残り1冊だ! 店員さん、補充してくださいよ」
 「もっと目立つ所に並べてくれないかなぁ~」
 なんてね。勝手にひとり言を言っているわけです。

 それでも文句なんてありませんって。
 だって、こうやって闇に葬られることなく、自分が書いた本が一流書店の棚で売られているのですから。
 売れるか、売れないかは、書店のせいではありません。
 すべては著者の力量にかかっているのであります。

 ただただ、書店には感謝であります。


 そんな中で、破格のディスプレーをしてくださっている書店があります。
 一店は、某ショッピングモール内にある大型書店。
 「郷土」 と 「旅行」 の2つのコーナーに、ともに平積みされています。
 ありがたいことです。

 もう一店は、県内最古の老舗書店。
 こちらは7冊、すべてが平積みされています。

 中には、店員さんの手書きによるポップも付いているんです。
 たとえば、昨年に出版した 『新ぐんまの源泉一軒宿』(上毛新聞社) には、わざわざ “2009年出版の改訂版” なんて添え書きがされています。

 と思えば、著者泣かせの、こんなポップまで!
 “読者のおすすめ本” とあり、実際に本を買って読んだお客さんの声が、実名入りで書かれています。
 <すべて入浴して取材したこの本は、重要な文化財である>
 ですって!

 ウェーーーーーン!!!! (号泣)
 泣かせるじゃ、ありませんか!
 こんな読者がいるなんて!
 著者冥利に尽きるとは、このことであります。

 Sさん、ありがとうございます。


 これだものライターは、辞められませんって。
 そりゃ~、つらいこと、大変なことも多々あるけどさ、待っていてくれる読者がいるということは、本当にありがたいことであります。
 どんなことがあっても、続けていかねばなりませんね。

 がんばります!
 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 どこかで 誰かが⑦ 写真 (2018-01-31 12:21)
 温泉の必須バイブル (2018-01-25 12:23)
 あと3日間、フェア開催中! (2017-06-08 15:40)
 絶景の天空遊覧を楽しむ (2017-06-05 12:24)
 整理券をゲットせよ! (2017-05-30 10:38)
 紀伊國屋書店でフェア開催! (2017-05-26 20:12)

この記事へのコメント
正しい情報を 発信されているのですから 大変ありがたいです

メディアは 意図的にコントロールする組織や会社がありますので 本当に困りますね

完全に消費者が 間違った知識で宿選びを続け 宿も適応した結果が 現在ですからね

泥沼に嵌まり 負のスパイラル


巨大な既得権組織に 潰されないように 気をつけて下さい。

日本も 官僚主義の自民党国になりましたし 宿の生き残りは 国防軍の指定 保養所に早くなるのが 生き残りの道かも知れません。
Posted by momotaka at 2015年10月29日 12:38
今日、Y温泉S館の社長様が、お店の方に来ていただきました。

小暮師匠のご紹介がありましたので、快くお引き受けていただき、大変ありがとうございました。

この場を借りて、御礼いたします。



また、煙でむせる焼肉食べに行きましょう(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2015年10月29日 17:50
momotakaさんへ

思えば、momotakaさんは、2011年秋に館林で開催された講演会「花袋の愛した群馬の温泉」に来てくださったのですよね。
「こんな遠くまで来てくれたんだ」と感動したことを覚えています。
いつも応援してくださり、ありがとうございます。
momotakaさんの言動は、とても励みになります。
これからもよろしくお願いいたします。


ヒロ坊さんへ

社長さん、直々ですか!
それは、良かったですね。
僕も紹介した甲斐がありました。

それにしても、あの焼肉は、うまかった!
肉のうまさは、煙の量に比例するんですね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年10月30日 01:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
読者って、ありがたい!
    コメント(3)