温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年11月05日

逃げろ!子どもたち!! ③ 家出のすすめ


 ♪ 街を出てみよう 今住んでいるこの街が
   美しく緑におおわれた 心のふるさとだったとしても
   街を出てみよう 汽車に乗ってみよう ♪
   <「こうき心」 by 吉田拓郎>


 子どもの自殺が止まりません。
 全国で毎月10人以上の子どもたちが、いじめが原因で自ら命を失っています。

 もう、うんざりです。
 たびたび、このブログでも取り上げてきましたが、一向に子どもの自殺が止まりません。
 また、いじめを苦に中学一年生の男子が、地下鉄の電車に飛び込んでしまいました。

 どうして彼は、逃げることができなかったのでしょうか?

 遺書に気づいた祖母が父親に連絡をして、父親が少年に電話で問いただしています。
 「大丈夫。冗談、冗談」
 それが最後の息子との会話だったといいます。

 背後には、電車の音が聴こえたとも・・・

 そこで、もし、少年が 「帰りたくない」 と言えたなら、父親が 「逃げろ」 と言えたなら、事の成り行きは変わっていたかもしれません。
 電車に飛び込まずに、飛び乗っていたかもしれないのです。


 この種の事件が起こると、こぞってマスコミは 「いじめはあったのか? なかったのか?」 の一点ばかりを報道します。
 でも、多かれ少なかれ、どこの学校でも、どんな世界でも、いじめはあります。
 たとえ、いじめがなくなっても、自殺する子どもは現れます。
 それは学校や会社が組織である以上、そのルールに馴染めない人間は必ずいるからです。

 だったら一番の問題は、いじめの有無ではなく、“なぜ、自殺を防げなかったのか?” です。

 DVにおびえる女性たちに、逃げ込むシェルターがあるように、子どもたちにも駆け込み寺が必要なのかもしれませんね。
 いじめをなくすことも必要だけど、まずは命を救うことを一番に考えてほしいものです。


 自慢じゃないけど、僕は何度も “家出” をしています。
 それは大人になってからも続いています。
 結婚して、家族を持ってからも、たびたび脱走しています。
 国外へ3回、国内なら数えきれないくらい。
 体よく言えば “旅” ですが、仕事からも家族からも逃れたいと思うのですから、実質は “大人の家出” であります。
 これを繰り返すことにより、僕は今日まで生きながらえてきました。


 少年よ、学校を捨て、旅に出よう!
 とにかく、まずはイヤな現実から逃げるんだ!

 逃げていれば、出会いもあるし、誰かが手を差し伸べてくれるものだよ。
 世の中、けっこう、うまくできているもんだぜ!
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

この記事へのコメント
全くその通りです。
マスコミは常に現象をニュースとして流すのが仕事と思っています。
問題の本質や原因何をするべきなのか?
殆どといっていいほど触れることはしません。
視聴率のためのテレビ、部数を増やすための新聞・・・・・
現実はそうなんでしょうが、それでは何も解決しません。
現実から逃げることが「自殺」にならないためには
私たちや社会は何をすればいいのでしょうか?
Posted by 気まぐれ爺さん at 2015年11月06日 09:13
気まぐれ爺さんへ

とかく日本人は “平均” が好きで、他人と同じでいることに安心感を覚えるようです。世間並み、っていうヤツですか。
だから他人と異なる人は、はじかれてしまう。
そのへんの価値観を変えていくしかないんでしょうね。
十人十色。いろんな人がいて、いろんな生き方があることを大人が子どもたちに教えてあげないと、いじめはなくならないような気がします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年11月07日 00:47
逃げる。 正しいと思います。


納税していれば 行政が最適化してくれる と言う。
幻想の中で 生きてからだと思います。

当然 思考が発達して無い 子供たち歪みがでます

破綻した日本で どのような選択が出来るか伝えるべきだと

私は思います。
Posted by momotaka at 2015年11月07日 10:47
momotakaさんへ

子どもたちの将来の夢ベストワンが 「公務員」 だとか!
むべなるかな……。
夢を見ずらい世の中になりました。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年11月08日 00:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
逃げろ!子どもたち!! ③ 家出のすすめ
    コメント(4)