温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年11月16日

湯上がりポカポカ あたたまりの湯


 朝晩、めっきり寒くなりました。
 ますます温泉が恋しくなる季節です。

 「そんなに温泉に入っていても、まだ恋しくなるのか?」 ですって?
 そりゃあ~、そうですよ。
 温泉が大好きだから、この仕事をしているんですからね。

 でもね、本音を言うと、夏場の取材は、ちょっぴりキツイんです。
 「ああ、今日も温泉に入るのか~」 って弱音を吐きそうになることもあります。
 やはり、のぼせてしまうんですね。

 でも、これからの季節は、毎回、取材が楽しみになります。


 では、なんで温泉は、あたたまるのだと思いますか?
 水道水を沸かした家の風呂とは、てきめん、湯上がりが違います。
 いつまでもポカポカと肌がほてって、湯冷めをしにくいですよね。

 やはり温泉の成分に関係があるのですが、一番の要因は塩分です。
 この塩分濃度が濃い温泉のことを 「塩化物泉」 といいます。
 (旧泉質名は 「食塩泉」 です)

 塩分が皮膚に付着すると、毛穴からの発汗を抑えるため保温効果があるのです。
 別名 「あたたまりの湯」 とか 「熱の湯」 などとも呼ばれています。
 昔から殺菌効果があるため、切り傷ややけど、皮膚病などに効能があるとされてきました。

 群馬県内では、圧倒的に西上州(県の南西部) に多く湧いています。
 そのほとんどは温度の低い冷鉱泉ですが、その特効から “薬湯” と呼ばれる霊験あらたかな古湯が多いのも特徴です。


 と、いうことで、僕がコメンテーターを務めている群馬テレビの 「ニュースジャスト6」 では、“西上州の薬湯” をテーマに、この良くあたたまる塩化物泉の温泉を紹介します。
 ぜひ、ご覧ください。



 ●放送局   群馬テレビ(地デジ3ch)
 ●番組名   「ニュースジャスト6」
         NJウォッチのコーナー
 ●放送日   11月20日(金) 18:00~18:35
 ●ゲスト   小暮 淳 (温泉ライター)
 ●テーマ   「湯上がりポカポカ あたたまりの湯」
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)
 温泉が足りないんじゃないの? (2017-11-15 13:14)
 温泉で美しくなれ! (2017-11-10 12:51)
 好評につき 第2弾発売! (2017-11-02 12:11)
 『d design travel 群馬』 11月2日全国発売! (2017-10-29 10:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯上がりポカポカ あたたまりの湯
    コメント(0)