温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年11月17日

もっと小さな講演会


 いつの頃からか、僕にとって講演会やセミナーは、ライフワークになっています。
 ただ温泉を取材して、記事や本を書くだけではなく、直接、読者と会って、僕が見てきた温泉の魅力や現状を生の声で伝えたいからです。

 今日も講演を行ってきました。


 会場は、旧粕川村(現・前橋市粕川町) の “膳” という集会所です。
 先月、同じく粕川町の “込皆戸(こみがいと)” という集会所で小さな講演会を開いたことを書きました。
 ※(当ブログの2015年10月31日 「小さな講演会」 参照)
 あのときは約30人の聴講者でしたが、今回はさらに少ない、たったの10人。
 集会所の規模も小さく、県道沿いの小川のほとりにポツンと民家のような平屋が建っているだけです。

 「先生、こんなところまで、わざわざありがとうございます。分かりましたか?」
 主催者で地区の担当者。
 「ええ、一度、下見に来ていますから、迷わずに来れました」

 たぶん、初めてだったら通り過ぎていたでしょうね。
 こんなとき、几帳面で臆病者の性格が功を奏します。

 それくらい、ふつうの家なのであります。

 でもね、その雰囲気たるや、のどかでいいですよ~!
 開演30分前に着いてしまった僕は、小春日和のポカポカ陽気に誘われて、少しあたりを散歩しました。

 畑と小川の間の小道を行くと、折りしもローカル線の電車がやって来ました。
 カタコト、カタコトと車体を揺らして走る上毛電鉄。

 大きな会館やホールでの講演会もいいですけどね、こんな旅気分を味わえる田舎での講演も大好きです。


 たった10人の前で話す、温泉のあれこれ。
 もちろんマイクも使いません。
 僕のツバがかかるんじゃないかと不安になるくらいの至近距離です。

 「四万温泉行ったことあるよ」
 「あのさ、先生、ちょっといいかな」
 「そうそう、昔はそうだったよね」
 なーんて、時々、僕の話に合いの手が入ります。

 聴講者一人ひとりの顔を見ながらですから、講演会というよりは、座談会です。
 まるで、親戚のおじさんやおばちゃんと茶飲み話をしているようでした。

 あっという間の90分間。
 あ~、楽しかった!
 これだから講演活動は、やめられませんって。

 さて、明日は久しぶりに県外での講演です。
 会場はホテル。
 これはこれで、とても楽しみなのであります。
 

同じカテゴリー(講演・セミナー)の記事
 やっぱり温泉といえば群馬なのです (2018-07-27 14:29)
 ライターとして大使として (2018-06-28 21:21)
 小さな講演会 (2017-08-15 21:18)
 文化講演会のお知らせ (2017-06-19 13:58)
 出版記念基調講演会のお知らせ (2017-05-11 22:20)
 亡夫の湯心を抱いて (2017-03-04 21:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
もっと小さな講演会
    コメント(0)