温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年12月05日

下仁田温泉 「清流荘」⑦


 今が旬!
 下仁田ねぎを食べに行ってきました。

 昨年僕は、『下仁田ねぎの本』(上毛新聞社) を執筆しました。
 この本では、群馬のブランドねぎである下仁田ねぎの由来から歴史、風土、栽培方法、料理の種類まで多岐にわたり取材しました。
 生産農家、割烹料理店を訪ね、余すところなく下仁田ねぎの魅力を紹介しています。

 そんな中で、やはり特筆すべきは、温泉旅館でありながら下仁田町(群馬県甘楽郡)認定の 「下仁田葱の会」 会員農家でもある下仁田温泉 「清流荘」 の存在です。
 だって、下仁田ねぎに限らず、米以外はすべて約7,000坪という広大な敷地内で産地直送している自給自足の宿なのであります。
 僕は、ここの宿のことを著書では “地産地食のもてなし” と表現しています。


 と、いうことで、昨晩は、今が旬の採れ採れの下仁田ねぎ料理を食べに、「清流荘」 に泊まってきたのであります。
 といっても、取材ではありません。
 ま、ひと言で言えば、忘年会です。
 出版関係者と宴に興じてきました。

 ヤマメの炭火焼き、コイのあらい、コンニャクの刺身、シャクシ菜のごま和え、鹿肉のステーキ、猪肉のぼたん鍋・・・
 もちろん野菜はすべて敷地内の畑で採れたもの、魚は養殖池、鹿も猪も牧場で飼育しています。
 さらに、炭火焼きで使用する木炭までもが、敷地内の炭焼き小屋で焼いたものです。

 もう、これ以上の地産地食はありませんって!


 そして、主役の登場です。
 下仁田ねぎは、ぼたん鍋にも入っていますが、「ねぎぬた」 でいただくと、下仁田ねぎ独得の甘みを直に味わうことができます。
 そして、僕が一番お気に入りなのが、「かき揚げ」 であります。
 ほんのり下味が付いているので、塩も天つゆも使わずに、バリバリとそのまま豪快にパクつきます。

 <大きく切った下仁田ねぎとニンジンに、塩を少々。粉は温泉水で溶く。下仁田温泉の源泉は、全国でも珍しい炭酸泉。ゆえに、ふっくらとやわらかく揚がる。外はサクサク、中はしっとり。口の中いっぱいに、ネギの風味とうま味が広がり食欲が増す。>
  ( 『下仁田ねぎの本』 より)

 もちろん、酒は地酒の 「妙義山」(聖徳銘醸)。
 スッキリした喉越しの切れの良さが、ネギ料理には実に合うのです。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
下仁田温泉 「清流荘」⑦
    コメント(0)