温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年12月06日

終わりある生活


 父は91歳。体は健康ですが、目と耳と頭が不自由なボケ老人です(介護認定2)。
 母は88歳。頭はしっかりしていますが、脳梗塞、心筋梗塞、脳出血を繰り返しているため、一時は言語と半身に障害が出ましたが、持ち前の生命力とリハビリの成果により、現在は軽い歩行障害が残る程度で、元気に暮らしています(介護認定1)。


 「じいさん、昼飯だよ!」
 2階の和室のこたつでボーっとしているオヤジの耳元で、僕は大声で叫びます。
 「ああ、わかった」
 「下へ降りておいでよ」

 現在、実家の1階リビングは、カーテンで半分に仕切られ、オフクロが暮らしています。
 歩行が困難なため、レンタルの医療ベッドを入れ、脇には簡易トイレが設置してあります。

 「おとうさん、遅いね」
 先に食卓に着いたオフクロが、心配そうに2階を見上げます。
 「トイレじゃないの。しかたねーな、見てくるよ」
 と僕が和室へ行くと……。

 なななんと! 布団が敷かれていて、オヤジが爆睡しています。

 「じいさん、どうしたんだ? 具合でも悪いのか?」
 「・・・・」
 「なんで寝ているんだよ?」
 「……、朝か?」
 「なにが朝かだよ。昼飯だって言ってるだろう!」
 「そうか、昼なのか……」

 オヤジの体内時計は、もう何年も前に壊れてしまっています。
 目もほとんど見えないので、時計を読むこともできません。
 かろうじて明るいか、暗いかは分かりますから、夜だけは判断できるようです。


 「もう、食っちゃったのかよ!」
 オフクロより、だいぶ遅れて食べ出したのに、ものの5分もかからずに平らげてしまいます。
 というのも、オヤジはご飯とおかずを分けて出すと、おかずを残してしまうため、具材という具材は、すべてみじん切りにして、ご飯に混ぜて煮込んでいるのです。
 だからオフクロは箸で食べているのに対して、オヤジはスプーンで食べているため、あっという間に食事が終わってしまうのです。

 「ほら、デザートのリンゴだよ」
 これも、細かく刻んであります。


 「ごちそうさまかい?」
 先に食べ終わったオヤジを、このまま放っておくと、オフクロにちょっかいを出して、オフクロの食事の邪魔をするので、ここですぐに引き離さなくてはなりません。
 「はい、そしたら歯磨きをしてください」
 「わかった、歯磨きだね」
 そう言って部屋を出て行きましたが、すぐにもどって来てしまいます。

 「この後、何をするんだっけ?」
 オヤジの記憶は3分、いや、最近は1分と持ちません。
 「は、み、が、き!」

 「歯磨きしたけど、次は何をするんだ?」
 「午後は自由です。2階へ行って、こたつに居てください」
 「こたつで、何をすればいい?」

 毎日毎日、この繰り返しです。
 でもね、このあと、オヤジはすることが何もないのですよ。
 新聞も雑誌も読めないし、テレビも見れない、ラジオも聞けない……。
 ただ、ひたすらにボーっと次の食事まで、こたつの中で過ごすしかありません。

 「昼寝をしなよ。目が覚めたら散歩に連れてってやるからさ」
 「そうか、わかった」

 長い長い、オヤジの午後が、また始まりました。


 つかの間の休息です。
 僕は今、一時帰宅をして、このブログを書いています。

 いつまで続くのでしょうか?
 いつか終わりある生活を楽しんでいます。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)

この記事へのコメント
目と耳が不自由なお父さんは、全身で季節を感じて散歩を楽しんでいるんですね。キャラメルをおやつに親子で散歩。端からみたらステキな親子。
Posted by 優・寛の母さん at 2015年12月07日 21:18
優・寛の母さんへ

ええ、まあ、実家の近所では、かなり有名な親子ではありますが……。
でも、日に日にオヤジの体力は弱っていますので、いつまで一緒に散歩ができることやら。そう思うと、とっても貴重な時間に思えてなりません。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年12月08日 11:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
終わりある生活
    コメント(2)