温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年12月14日

神様のおかげ


 「やっぱり、神様はいるんだよ」
 「えっ?」
 朝食の最中に突然、オフクロが言い出しました。

 「なんだよ、いきなり」
 「夕べから、ずーっと考えていたんだけど……。でも、やっぱり神様はいるんだよ」


 実は前の日の夜、オフクロとちょっとした言い合いになりまして、そのことを気に病んでいたようです。
 夕食の時のことです。オフクロがこんなことを言いました。

 「まさかお前が、物書きになるとはねぇ。てっきり音楽の道へ進むと思っていたよ」

 確かに僕は10代の頃から作曲をしていて、学校も音楽の専門学校へ通っていました。
 オフクロに言われるまでもなく、本人だって、そのつもりで20代を過ごしていました。
 でも、人生には自分の思い通りに行かないことが、多々あるのです。
 たまたま挫折の後に探し当てた人生が、“ライター” という職業だっただけのことです。

 「でも良かったね」
 「なにがさ?」
 「好きな仕事に出合えてさ。本もたくさん書いて、人の喜ぶことをしているじゃないか」

 そこで僕も 「そうだね」 と素直に言葉を返しておけば良かったのですが、ついつい仕事と介護の疲れからか、グチってしまったのであります。

 「そのぶん、いまだに “貧乏ヒマなし” だけど」
 するとオフクロは、
 「大丈夫、神様は、ちゃんと見ているから」

 出ました~! オフクロの十八番! 
 子どもの頃から、耳にタコができるほど聞かされてきた言葉です。
 ふた言めには、「神様は見ている」 と言われて育ってきました。

 「かーちゃんさ、本当に神様っているのかね? いても、オレのことは見てないんじゃないの?」
 「なんで、そんなことを言うんだい? バチが当たるよ」
 「もう、いいよ、その話! さっさと飯を食ってくれよ。いつまで経っても洗い物が終わらないだろ!」


 実の親子ですから、虫の居所が悪いときだってあるのです。
 僕も疲労からイライラしていたのかもしれません。
 でも、そんな、たわいのない口論だったのです。
 一夜明けて、僕のほうは、すっかり忘れていました。

 「お前んちは、あんなにいい子が3人も授かったじゃないか」
 「・・・」
 「しかも、R (僕の長男) なんて、死んでいたかもしれないのに、助けてもらったじゃないか」

 なんのことかと言えば、僕の長男は高校生のときに交通事故に遭って、3日間も意識が戻らない大ケガをしたのです。
 ところが3日目に、パッと目を覚まして、あの世から返って来ました。
 九死に一生とは、このことです。

 「あれは、誰のおかげだい? 神様だろう? だから、やっぱり神様はいるんだよ」
 そう言ってオフクロは、勝ち誇ったように食後のお茶を飲み干しました。


 以来、僕は機嫌が悪くても、オフクロに当たるのをやめました。
 だって、神様が見ているかもしれませんから。
  

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

この記事へのコメント
小暮さんの温泉談義に引かれて、読者になったけれど、
最近は、小暮さんの介護案件や、お子様やマロさんのお話に、
感涙です。
そんな小暮さんの書かれる温泉の話だから、とっても心の髄に響くのかもしれないです。どうぞおからだを大事にされてくださいね、これからもブログを楽しみにしております。。。
Posted by ムク at 2015年12月15日 01:44
ムクさんへ

いつも、ご愛読ありがとうございます。
ムクさんのような読者がいるから、このブログを書き続けることができるのですね。
ただただ感謝であります。
つれづれなるままに、思うままに、今後も綴っていこうと思います。
よろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年12月16日 00:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
神様のおかげ
    コメント(2)