温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年12月20日

魔法の言葉


 「おとうさん! やめてください。それは違います! 私のです!」
 突然、1階のリビングからオフクロの叫び声が聞こえてきました。
 あわてて部屋に駆け込むと、オヤジが箸も使わずに、直接、お椀に口をつけて、みそ汁を飲んでいます。 

 「どうしたんだよ? 大声を出して」
 「おとうさんが、私のを食べているんだもの」
 ベッドから身を乗り出したオフクロが、血相を変えています。

 「じいさん、ダメじゃないか! それは、ばあちゃんのだよ」
 「じゃあ、オレのは、どれだい?」
 「自分のは、もう食べたでしょ?」
 「・・・」
 「さっき、食べたの!」
 「食べたのか?」
 「そう、食べたの。ごちそうさまをして、歯を磨いたでしょ」
 僕は、てっきりオヤジは、歯を磨いて、2階の部屋へ行ったと思っていましたが、ちょっと目を離したすきに、またリビングに戻ってきてしまったようです。

 毎度のことですが、オヤジは認知症のため、記憶がものの1分と持ちません。
 食事をしたことも、歯を磨いたことも、済んだ後から忘れてしまいます。
 以前だったら僕もイライラして、もっと大声を上げて、オヤジを叱りつけていたんですけどね。
 それって、逆効果なんですよ。

 叱りつけると、いじけてしまい、しまいには 「死にたい」 なんて言い出すし、その逆に、「いつからお前は、そんなに偉くなったんだ!」 なんて怒り出したりもしますから。
 とにかく、扱い方が難儀なのであります。

 ま、そんなときは、こっちが知恵をつけて、上手に接するしかありません。
 赤子をあやすのと、同じです。
 「は~い、いい子ちゃんですね~。ガラガラして遊びましょうね~」
 ってな具合に、機嫌をとってやればいいのです。


 「じいさん、散歩、行こうか?」
 「・・・」
 「さ、ん、ぽ!」
 すると、
 「ん! 散歩か!? うん、行くよ、行く、行く!」

 もう、食事のことなんて忘れています。
 さっさと立ち上がり、帽子をかぶって、手袋をして、靴を履いて、ステッキを持って、中庭に立っているのです。

 「ありがとね。では、いただきます」
 とオフクロは、やっとベッドから降りてきて、食卓に着きました。
 「ああ、散歩へ行っている間に、ゆっくり食べなよ」


 “散歩” は、魔法の言葉なんです。
 でも、このおまじないは、雨の日には使えないんですよね。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
魔法の言葉
    コメント(0)