温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年12月23日

イブイブの夜に


 クリスマスの想い出といえば、やっぱり、子どもの頃にサンタクロースからもらったプレゼントの数々でしょうかね。
 毎年、毎年、願い事を書いた紙を母親に渡して、プレゼントが届くのを待っていました。

 一番記憶に残っているのは、鉄腕アトムのマスクとベルトが入った変身セットです。
 大好きだったアトムになり切って、一日中、アトムの格好をして遊んでいたことを覚えています。

 ある年の冬。
 「サンタクロースっていないんだよ」
 と友だちに言われて、
 「そんなことないよ。だって、うちには毎年来るもの!」
 と、ムキになって言い返したときの切ない思い。

 もしかしたら……と、うすうす気づいていただけに、友だちから告げられたサンタクロースの正体を泣く泣く心の中では認めざるをえませんでした。


 月日は流れて大人になって、我が家の子どもたちにも毎年、サンタクロースがやって来るようになりました。
 ある年のクリスマスの朝。
 長女がプレゼントを抱えて、パジャマ姿のまま2階から下りてきました。
 あまり、うれしそうな顔をしていません。

 「うわ~、よかったな。サンタさんから何をもらったんだい」
 「ゲーム」
 「それ、お前が一番欲しかったゲームだろ!」
 「うん……」
 「うれしくないのか?」
 「うれしいよ」
 「だったら、なんで、そんなムズカシイ顔をしているんだ?」

 すると長女は、こんなことを言うのでした。
 「あのさ、サンタさんって、どこから来るんだっけ? 日本じゃないよね」
 「ああ、遠い北の寒い国から、ソリに乗ってやって来るんだよ」

 「・・・」
 「それが、どうかしたか?」
 「じゃあ、B堂書店って、世界中にあるんだね」
 「えっ?」

 娘が手にしたプレゼントの包み紙に、B堂書店のキャラクターと文字がデザインされていたのでした。

 「あ、あ、そうだよ。いや、もしかしたらサンタさんは日本に来てから買ったのかもしれないね」
 苦しまぎれの言い訳をしたことは、言うまでもありません。


 そんな長女も、今や1児の母親です。
 今頃は、亭主と一緒にサンタクロースを招く準備をしているかもしれませんね。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 意地悪な神様 (2018-08-13 13:40)
 介護日和 (2018-07-30 18:20)
 蚊のいない夏 (2018-07-20 17:46)
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)

この記事へのコメント
ぷぷっ(*^o^*)
私もそんな思い出がっ…
息子に‘サンタさん、ハローマックで買って来てくれたっ’って言われて焦りましたっ(^。^;)
Posted by ひまわり at 2015年12月24日 09:20
ひまわりさんへ

どこのお宅でも “あるある” のサンタエピソードですね。
でも、その想い出が、ある子とない子では、きっと大人になったときに、親への感謝の気持ちが違うと思いますよ。
明日の朝、世界中で子どもたちの歓喜の声が聞こえることでしょう!
メリークリスマス!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年12月24日 20:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
イブイブの夜に
    コメント(2)