温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年12月26日

ゲゲゲの七ヶ条


 今年も残り、あと5日です。
 もう年賀状は出しましたか?
 僕は……、ええ、半分くらい書きました。

 ところで今年は、例年に増して喪中ハガキが多いんですよね。
 ま、親の年齢を考えれば、当たり前のことなんですけど。
 それにしても多い!
 享年を見ると、うちの両親よりもみんな若いんですよ。
 つくづく、オヤジとオフクロは長生きなんだと思います。

 今年は、芸能人の訃報も多かったですね。
 俳優の今井雅之さんや女優の川島なお美さんは、僕よりも年下だったこともあり、大変ショックでした。
 個人的には、年末になって入ってきた漫画家の水木しげるさんの逝去であります。
 ご高齢でしたから仕方がないのでしょうが、“妖怪”は死なないと思っていましたから……。
 いや、死んでめでたく妖怪になられたのかもしれませんね。


 そんな漫画界の巨星、水木先生が生前に唱えていた 「幸福の七ヶ条」 というのがあるのをご存知でしょうか?
 何十年にわたって、世界中の “幸福な人” と “不幸な人” を観察してきた先生が、体験から見つけ出した 「幸せになるための知恵」 なのだといいます。

 <第一条>
 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
 <第二条>
 しないではいられないことをし続けなさい。
 <第三条>
 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。
 <第四条>
 好きの力を信じる。
 <第五条>
 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
 <第六条>
 怠け者になりなさい。
 <第七条>
 目には見えない世界を信じる。

 ことのほか、僕は第五条が胸に響いています。
 解釈はいろいろでしょうが、きっと先生は 「努力が無駄なのではなく、好きの力を信じて、しないではいられないことし続けていれば、努力も楽しいものだよ。収入なんて二の次、三の次でいいじゃないか」 と、おっしゃっているんだと思います。

 みなさんは、どう思われましたか?


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 すべて転じて福となせ! (2018-12-15 17:39)
 不便と不自由の選択 (2018-12-10 12:08)
 ガンバレ! 人生百年 (2018-11-26 13:34)
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ゲゲゲの七ヶ条
    コメント(0)