温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年01月09日

恋文の流出


 連日、テレビのワイドショーは、不倫騒動で持ちきりのようですね。
 明るくて、元気いっぱいで、天真爛漫な性格が人気のタレント、ベッキー。
 ところが記者会見で見せた彼女の涙顔は、まるで別人のようでした。

 なんでも、お相手は 「ゲスの極み乙女」 というロックバンドの人とか。
 昨年の紅白歌合戦にも出場した人気バンドなんですってね(すみません、この手の音楽に疎いもので…)。

 で、相手は新婚既婚者なのに、正月に彼の実家へ行ったとか。
 でも、それは不倫ではなく、あくまでもお友だちとしてだとか。
 「誤解を招くことをして申し訳なかった」 と謝罪をしていました。

 ところが世の中は、そんな詭弁は許しません。
 街頭インタビューでも、「友だちだとは思えない」 「軽率な行為だ」 「奥さんがかわいそう」 と、圧倒的に否定的な意見が多かったですね。

 でも、なかには「ベッキーがかわいそう」 「相手の男が出てきて釈明するべきだ」 という声もあったりして、この不倫騒動は、まだまだ終わりそうもありませんな。


 ま、冷静に見て、僕が察するには、不倫には間違いないようですが、ただの不倫ではなそさうですぞ。
 本人たちには、不倫の意識がないのではありませんか?
 特に女性のほうは!
 では何かといえば、“純愛” のつもりなんでしょうな。
 そうじゃなければ、堂々と正月に、新婚既婚者の実家へなんて行けませんて!(不倫は、みんなもっとコソコソとやってますもの)

 それにしても怖いのは、二人のLINEのやりとりが、いとも簡単に外部へもれていることです。
 これまた僕は、この手の情報に疎いものですから良く分かりませんが、第三者が読めてしまうものなのですか?
 昔のように書簡による恋文だったら、流出することもなかったのにね。
 なーんて、時代遅れの人間は、のほほんと傍観しているのであります。

 真実なんて興味もないし、タレントのプライベートなんて知りたくもない。
 でも、あの元気いっぱいのベッキーの笑顔は、一日も早くもどってきてほしいものです。
 ( 「木部さん」 のファンですから)


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
恋文の流出
    コメント(0)