温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年01月17日

アメリカの少年


 「子どものいない年寄りは、かわいそうだな」
 ボケてからのオヤジの口ぐせです。
 「こんな息子でも、そう思うかい?」
 「ああ、そう思うよ」

 「ありがとね」
 そう声を返して、僕はオヤジの腕を取りました。


 今日も日課の散歩へ行ってきました。
 現在のオヤジの散歩コースは、2通り。
 実家から北へ向かう “寺院コース” と、南へ向かう “神社コース” です。
 どちらのコースも、オヤジの足でゆっくり歩いても30分程度です。
 一昨年までは、平気で1時間以上歩いていたんですけどね。
 去年の春頃から急に体力が落ちて、歩けなくなりました。

 「今日は、どっちへ行く?」
 「どっちだっていいさ、お前についていくよ」
 そう言ったわりには、カタカタとステッキを鳴らして、南へ向かって歩き出していました。


 人丸様・・・僕は子どもの頃から、そう呼んでいます。
 正式名は厳島神社という由緒ある氏神様です。
 住宅街の狭い敷地にある神社ですが、境内の大イチョウといい、遊具の数といい、昔とたたずまいはほとんど変わっていません。
 すべり台、ブランコ、シーソー。
 僕の子どもの頃と、まったく同じ景色です。

 若いお母さんが、小さな女の子とシーソーで遊んでいました。
 「よく、ここで子どもたちを遊ばせたなぁ…」
 感慨深げに、オヤジが目を細めます。
 「子どもだけじゃないだろう? 孫もみんな連れてきただろう?」
 「そうだっけかなぁ…」
 オヤジの記憶は、いったいどのあたりをさまよっているのでしょうか。


 僕にとっての人丸様の思い出は、同級生とよく缶ケリをして遊んだことと、夏休みに野外映写会を観たことです。
 それと、キョーレツな記憶として焼きついているのが、1人のアメリカ人の男の子です。

 僕がまだ生まれる前、終戦直後のこと。
 オヤジは進駐軍で、通訳の仕事をしていました。
 その後、中学校の英語教師となり、僕が生まれた頃は自宅で塾を開業していました。

 終戦から十数年が経った昭和30年代後半。
 我が家には、時々、白人の男の子が遊びに来ていました。
 名前は、デイビー。
 オヤジの進駐軍時代の同僚の子どもでした。

 「カモン、ジューン!」
 「オーケー、デイビー!」
 僕は英語が分からず、彼は日本語が話せません。
 それでも仲良しで、日が暮れるまで遊んでいた記憶があります。

 その遊び場が、ここ人丸様でした。


 「デイビーって、覚えているかい?」
 「わからない」
 「ジョンストンさんの子どもだよ」
 「・・・」
 「進駐軍の頃の同僚だった人じゃない!」
 「……、そうだったかな」

 オヤジの記憶の中には、もうアメリカ人親子の姿はないようです。
 でも、僕の思い出の中では、あの頃の2人が今でもシーソーに乗って、笑っているのでした。

 デイビーは、今はどこで、どんな暮らしをしているのでしょうか?
 どんな中年男性になっているのか、探してみたいような、知りたいような……。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アメリカの少年
    コメント(0)