温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年01月30日

心ない言葉


 あー、いやだ! いやだ!
 もう、見たくも、聞きたくも、読みたくもない。

 連日、テレビやラジオ、新聞で報道される幼児虐待死のニュース。

 ガンをつけたから 「カカトおとしをした」、しつけとして 「顔に熱湯をかけた」。
 おぞましすぎて、人間のなせる業だとは思えません。
 世も末であります。

 3人の子を育て、孫まで授かった僕には、まったくもって理解できません。
 人を人として見ていない、いや、生きとし生けるものの命をゴミのように扱う鬼畜であります。
 と思ったら、ラジオのパーソナリティーが、「鬼だって、そこまでひどいことはしませんよ」 と言ってました。

 どんな環境で育つと、そのような人間になるのでしょうか?


 先日のこと。
 たまたま場を同じくしたサラリーマン男性との会話です。
 「また大変な事故が起きてしまいましたね。死者が14人ですって。それも、みんな学生らしいですよ。かわいそうに」
 例の軽井沢で起きたスキーバス事故の翌日でした。
 僕が、そういうと、その男性は想像もしなかった言葉を吐いたのです。

 「でも、遊んでる連中でしょう」

 一瞬、我が耳を疑いましたが、確かに彼は、そう言ったのです。
 まるで、「死んでもしかたがない」 と言わんばかりに。

 見たところ、年の頃は50代半ば。
 だったら、この人にだって、犠牲者となった学生たちと同世代の息子や娘がいてもおかしくありません。
 親の気持ちになったら、到底、口を突いて出てくる言葉ではありません。

 もし、自分に子どもがいなかったとしても、相手をおもんばかれば決して言えない言葉です。
 世の中には、子どもを事故や事件で失っている人は、たくさんいるのですから。
 この僕だって、長男が高校生の時に交通事故に遭い、九死に一生の命拾いをしています。
 ※(2015年12月14日 「神様のおかげ」 参照)

 たまたま仕事で嫌なことがあり、不機嫌だったのかもしれません。
 また、顔見知りとはいえ、僕に声をかけられたことが迷惑だったのかもしれません。
 それでも、世の中には言っていい言葉と、いけない言葉があるように思うのです。


 楽天家の僕にしては、めずらしく落ち込んだ日でした。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)

この記事へのコメント
お久しぶりです。今日は万座温泉に来ています。やはりお湯は最高です!

サラリーマンの方の言葉に絶句です。思うのは自由ですが、言うのは考えたほうがいいです。

私はあの事故で亡くなられた方のご遺族の言葉で、「事故を否定したら、子供が計画した旅行を否定したことになる」や「社会が利益や偏った雇用を追求した結果の事故」に胸をうたれました。

ご遺族に育てられた被害者の方々は、とても幸せだったと思います。本当に残念です。

色々な業種で適正価格は大切だと思います。
Posted by 温泉好きな夫婦@リビングフェア at 2016年01月30日 19:23
温泉好きな夫婦@リビングフェアさんへ

お久しぶりです。
相変わらず、活動的に温泉をめぐっていますね。

“適正価格” への是正は、温泉宿も同じこと。
価格競争の激化に伴い、廃業に追いやられる宿が後を絶ちません。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年01月31日 12:53
あまりにびっくり過ぎて、頭の中が混乱してます。この人、おかしいですよね。
Posted by 優・寛の母さん at 2016年01月31日 15:20
テレビや新聞は 意図的に演出された 情報を伝えているので 殆ど観てないなぁ

社保庁の年金問題からですね

とても 悲しい事故ですね 何もいい事は 1つない
その事象に 多様な 感想を持つのは 自由ですが

言葉にするのは 確かに。 どうか?と 思います。

小暮様には 絶句するような 出来事なのでしょうが
これから
もっと 酷い現象を 目にすると 思います。

正しさよりも 自身の欲を満たす事を 優先するために 経済は動いてますから
Posted by momotaka at 2016年01月31日 16:45
優・寛の母さんへ

ですね。僕もそう思います。
実はこの人、いつ会っても不機嫌なんです。
以前会ったときは、いきなり会社と同僚の悪口を聞かされました。
世の中、いろんな人がいますねぇ。


momotakaさんへ

事実は小説より奇なり、といいますが、まさに想像を超えた事件や事故が多発しています。
何が起きても不思議のない世の中ですが、たぶん、その都度、絶句してしまうのでしょうね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年01月31日 20:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心ない言葉
    コメント(5)