温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年02月06日

死んだ博士の呪い


 ♪ 死んだ博士が出てくるかもね
   死んだ博士が出てくるかもね
   本当に出てくるよ 本当に出てくるんだ
   死んだ博士が出てくるかもね ♪


 先日の新年会でのこと。
 ひょんなことから転校生の話になり、僕は小学校3年生の時に転校して行ったO君の話をみんなにしました。

 もう50年近くも昔のことなので、記憶もおぼろなのですが、彼についてはキョーレツな思い出が残っています。
 それが 「死んだ博士」 の唄です。
 気が付くと、いつでもO君は、この唄を歌っていました。

 作者は不明(もしかしたらO君自身なのかもしれません)。
 歌詞は、たったこれだけ。
 メロディーは、単調でお経のようでした。

 たとえば遠足などのバス旅行の車中。
 マイクが回ってくると、ふつうの子は、当時流行っていた歌謡曲を歌いましたが、彼だけは一貫して、この 「死んだ博士」 をたんたんと歌うのでした。
 そして、ついには転校する日にも、彼はあいさつのスピーチ代わりに、この唄を歌って去って行きました。


 「死んだ博士って、誰だろうね?」
 気が付けば、宴席の話題は “死んだ博士” で持ちきりになっていました。
 「世代で言えば、鉄腕アトムが流行っていた頃でしょう?」
 「だったら、お茶の水博士?」
 口々に、推測を始めました。

 「お茶の水博士ではないと思うよ。だって……」
 僕は忘れかけていた記憶をしぼり出すように、もう1つの事実を告げました。
 「この唄には、フリがあるんだよ」

 そうなんです。
 O君は唄を歌う時、必ずするポーズがありました。
 両手にこぶしを握り、それを重ねて、アゴに付けるのです。
 たぶん、これはアゴヒゲを意味しているものと思われます。

 「だったら、天馬博士だよ!」
 「天馬博士?」
 「そう、アトムを作った生みの親だよ」
 「お茶の水博士が作ったんじゃないんだ?」
 「お茶の水博士は、育ての親だよ」
 なーんてね、侃々諤々(かんかんがくがく) と謎解きの討論会が始まってしまったのであります。


 数日後、同席していた友人からメールが届きました。
 <ふとした瞬間に思い出して、無限ループにはまり抜け出すのに難儀してます>

 実は僕もあの日以来、なにかの瞬間に「死んだ博士」 がやって来て、頭の中をグルグルと駆け回り出すのであります。
 もしかしたら、これは、博士の呪いなのかもしれませんね。

 と、いうことで、もし 「死んだ博士」 について何か知っている人がいたら、ぜひ、ご一報ください。
 

同じカテゴリー(謎学の旅)の記事
 謎学の旅はつづく (2018-12-08 19:33)
 妖精ふたたび (2018-08-15 10:37)
 不思議、大好き! (2018-04-12 11:35)
 犬にまつわるエトセトラ (2018-03-13 10:53)
 カッパは七年に一度現れる (2016-09-02 21:34)
 真夏のミステリーツアー (2016-08-12 12:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
死んだ博士の呪い
    コメント(0)