温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年03月05日

あっぱれ!15歳


 泣けた!泣けた!泣けた~!
 またしても寝不足であります。

 昨晩の世界卓球女子団体戦。
 準決勝、日本-北朝鮮。

 エースの石川佳純、キャプテンの福原愛のあぶなげない試合をのんびりと仕事の手を休めずに見ていました。
 2-1で迎えた3番手は、第1試合を惜しくも落としている最年少の伊藤美誠(みま) ちゃんです。
 そう、彼女はまだ15歳なんですよ。
 中学3年生です。

 なのに世界という大舞台で、しかも第1試合を落としたプレッシャーを抱えながら、精神的にも肉体的にも疲弊している小さな体で、果敢にフルセットを戦ったのであります。

 もう、その健気な姿にオジサンの涙腺は、ゆるみっぱなしだったのであります。
 「そうそう、それでいいんだよ」 「あと1本だ」 「こらえろ、こらえろ」 なーんてね。
 手に汗を握りながら、自分の娘を応援している心持ちでした。

 相手の北朝鮮の選手は、いや~なカットマンなのです。
 実は僕、中学時代は卓球部でしたからね。
 カットマンのしつこさは知っているのですよ。
 打っても、打っても、スローなカッティングで球を返してくるんですね。
 虎視眈々と、こちらがミスするのを待っているのです。

 だから、つい、イラッとして攻撃に出てしまう。
 それこそが相手の思うツボなのです。
 でも美誠ちゃんは、違いました!
 ねばって、ねばって、ねばって、チャンスを待ちました。

 そして、ついに勝ち取った決勝へのカード!


 もうダメです。
 目も鼻も、グチョグチョであります。
 感動と興奮で、しばらくは床に就くことができませんでした。

 いやはや、あっぱれ!15歳!


 それにひきかえ、なでしこジャパンはどうした!
 澤さんがいなくなると、こうも違うものなのでしょうか?


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
あっぱれ!15歳
    コメント(0)