温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年03月13日

救えた命


 数日前の毎日新聞に、興味深い記事が載っていました。
 <自殺の名所で知られるアメリカ・サンフランシスコの金門橋で、飛び降り自殺をしかけているところを発見され、警察官に強制的に追い返された人たちの、その後を調べたところ、数年後の生存率は9割を超えていた>

 この記事を書いた精神科医は、「自殺者の行動は矛盾に満ちている」 と言います。
 たとえば、自殺する当日に、残り少なくなった洗剤やシャンプーを補充したり、かかりつけの病院で糖尿病や高血圧の薬をもらっていることがあるそうです。
 今日、死ぬのであれば不要なことをしているのです。
 「こうした矛盾が示唆するのは、“覚悟” ではなく “迷い” だ」 と。

 たった1度の自殺を食い止めただけで、その後の運命は大きく変わるということです。


 テレビでは連日、中学生の自殺報道をしています。
 去年の12月、広島県の中学3年生の男子が、誤った万引き記録に基づく進路指導を受けた後に自殺したというニュースです。
 またしてもマスコミは、鬼の首を取ったように、学校側の管理体制を糾弾しています。

 確かに学校側に落ち度があり、それを認めています。
 でも医療機関が薬の投与を誤って、患者を死に至らせたミスに比べたら、直接の死因ではありません。
 原因なのです。

 もちろん、事故にしろ事件にしろ、原因の究明は必要です。
 が、いつもいつも原因の究明ばかりで、一向に自殺の防止策が語られないのはなぜでしょうか?
 いじめによる自殺のときと、まったく同じであります。


 僕は、またまた憤りを感じています。
 原因を解明して、取り除いたところで、自殺はなくなりません。
 「なぜ自殺をしたのか?」 を論じる前に、「なぜ自殺を防げなかったのか?」 という対策のほうが急務だと思うのです。

 広島県の中3男子だって、もし、まわりの大人たちが気づいて、自殺を阻止できていたならば……。
 今頃は、疑いも晴れて、希望する高校に合格していたかもしれないのです。

 またしても残念でなりません。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

この記事へのコメント
同感です

この時代の固有の 思考障害なのかも知れませんね

デタラメ人が 政治家をして
デタラメな人が 社長をしてます
未成年者なんて もっと グダグタで デタラメで 良いかと?
Posted by momotaka at 2016年03月17日 15:16
momotakaさんへ

世の中の個人化が進み、ますます他人に無関心になっている表れなんでしょうね。
昔の地域社会には、もっともっと “おせっかいな” な住民がたくさんいました。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年03月18日 20:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
救えた命
    コメント(2)