温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年03月16日

倉渕温泉 「長寿の湯」④


 “秘湯は人なり”

 この言葉は今から10年前、ある人に出会ってから使い出した言葉です。
 その人とは、倉渕温泉(群馬県高崎市倉渕町) の一軒宿 「長寿の湯」 の女将、川崎節子さんです。

 当時の雑誌に、僕は女将さんとの出会いを次のように書いています。
 <「女将さんに、つかまるなよだって! 私はさ、話好きだからね」 そう言って、声高に笑ってみせた。いい宿の条件は、人それぞれだと思う。温泉があり、情緒があれば、まずは文句はない。でも、やっぱり人情が旅のスパイスだ。宿に着くなり、女将の人柄に魅了されてしまった。>


 「女将さん、ご無沙汰しています。病気をされたと聞きましたが、もう大丈夫なんですか?」
 僕は昨日、2年半ぶりに宿を訪ねました。
 女将さんは昨年の夏、体調を崩して入院していました。

 「女将さんの笑顔を見て、ホッとしました。元気で良かった!」
 と言えば、
 「うん、私はね。でも犬が死んじゃったの。それとね、小暮さんと写っていた、あのおじいさんも去年、亡くなったのよ」
 とショックを隠せない様子。

 “あのおじいさん” とは、2011年2月に朝日新聞に掲載された 『湯守の女房』 という僕の連載記事のことです。
 この記事の取材時、湯舟で一緒になった常連客と写真を撮ったのです。
 今でも新聞のコピーが、宿のロビーに掲示されています。

 <「ここは湯もいいが、やっぱり女将が一番いいね」>
 記事には、常連客の言葉が載っています。


 「とりあえず、ひと風呂浴びてきます。話は食事の時でいいですか?」
 「ああ、それでいいよ。今日は他に泊まり客はいないからさ」

 と言っていたのですが、いざ夕食をいただきに食堂へ行ってみると、他に男性客が1人いました。
 「どれが美味しいの?」
 40品目以上ある壁のメニューを見ています。
 「全部だよ。私が作るんだからね」
 そう言って女将さんは、いつものように声高に笑うのでした。

 予約ではない、飛び込みの宿泊客のようです。
 こんな急な客でも女将さんは、嫌な顔せず、満面の笑みで気さくに迎えてくれるんですね。


 「では、取材は食事の後にしましょう」
 ということで、まずは湯上がりの生ビールをジョッキで飲み干したのであります。

 女将さんの元気に、カンパ~イ!

 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)
 川場温泉 「悠湯里庵」⑤ (2018-04-25 11:40)

この記事へのコメント
群馬県の研修で、竹村節子氏の講演を聴いてきました。

物凄くいろんな意味で、スゴイ人だと感じました。
ご病気されたとかで、話し方がゆっくりになったとおっしゃいますが、だとすると、若いころは豪傑だったかな?と。
Posted by ぴー at 2016年03月17日 12:00
ぴーさんへ
竹村さんは最近、新刊を出版されましたよね(まだ読んでいませんが)。
ぴーさんは、意欲的に勉強していますね。
頭が下がります。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年03月18日 00:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
倉渕温泉 「長寿の湯」④
    コメント(2)