温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年03月25日

帰ってきたサトヤマン


 高崎市のみなさーん、こんにちは!
 またまた地域限定のお知らせであります。

 2006年12月~2010年8月、高崎市のフリーペーパー 「ちいきしんぶん」(発行/ライフケア群栄) に連載された 『里山をゆく』。
 覚えていらっしゃいますか?

 このウォーキングエッセイは、連載当時から大変人気がありました。
 というのも、取材方法が、ちょっと変わっているのです。
 一般の山岳ガイド本は、登山口~山頂までのルート案内ですが、これは違います。
 朝、家を出てから帰るまでという、気の長いお話なのです。

 しかも、取材方法に “しばり” があります。
 マイカー禁止! 公共交通機関の利用または徒歩のみ!
 これにより、ぐーーっと登山行程が難しくなります。

 ま、登る山が里山 (標高1,000m以下の低山) ですからね。
 毎回、登行距離自体は短いのですが、スタート地点の登山口までたどり着くのが至難の業なのであります。
 電車やバス、乗り合いタクシー、そして交通機関のない乗り継ぎ地点までは、ひたすら歩きます。

 そう、あの人気テレビ番組の 「路線バスの旅」 を地でやっていたのです。

 まあ、そんな苦労が実ってか、この人気シリーズは後に、上毛新聞社より 『電車とバスで行く ぐんまの里山てくてく歩き』(1,200円+税) というタイトルで、出版されました。
 おかげさまで、増刷までされ、現在でも書店にて絶賛発売中であります。


 あれから約6年・・・

 な、な、なんと! その 『里山をゆく』 が、読者からの根強いエールに応えて、ふたたび帰って来ることになりました!
 と、いうことは、あの2人、そう、僕と担当編集者のY氏の “サトヤマン”コンビも復活したのであります。

 「でもさ、あれから6年も経っているんだよ。体力、自信ないなぁ~」
 「大丈夫ですよ。そのぶん小暮さんは、やせたから」
 と言いながら、今週、シリーズ復活第1回目の企画会議が開かれたのであります。

 「やっぱり、電車とのつなぎが悪いですね」
 「下山口から駅までは何キロある?」
 「えーと……、6キロですね」
 「だったら歩きましょう」
 「ですね。途中、旧市街地を抜けますから、大衆食堂を見つけて酒を飲みましょう」

 と結局は、下山後の酒盛りの算段になってしまうのでした。


 ♪ 帰ってきたぞ、帰ってきたぞ サトヤマン ♪


同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 新連載 『ぐんま湯けむり浪漫』 (2017-05-14 13:03)
 おかげさまで2,000話達成! (2017-04-29 20:42)
 終わりのない旅が終わるとき (2017-04-05 11:16)
 おかげさまで70万アクセス (2017-03-10 12:20)
 おかげさまで7周年 (2017-02-12 12:13)
 新連載スタート! (2016-12-01 21:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
帰ってきたサトヤマン
    コメント(0)