温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年03月29日

磯部温泉 「桜や作右衛門」


 <芹生(お) うる 沢のながれの細まりて かすかに落つる 音のよろしさ>


 駐車場に車を停めて、日本庭園を眺める敷地内に入ると、すぐ右手に歌碑が建っています。

 歌人の若山牧水は、大正6年6月に妙義山登山のために訪れ、大正8年4月にも磯部温泉に滞在しています。
 2度目の来遊の際、ここ旧林屋に12日間滞在し、多くの歌を詠み、歌集 『磯部鉱泉にて』 を残しました。

 旧林屋は明治8年(1875) に、林亭という屋号で料亭兼旅館として創業。
 のちに対岳楼林屋と改名。大正、昭和には林屋、はやし屋と屋号を変えながら140年間の歴史を刻んできた磯部屈指の老舗旅館です。
 2年前の平成26年3月、現在の館主に経営が移行され、「桜や作右衛門」 として生まれ変わりました。


 僕が、ここを訪ねるのは2度目であります。
 昨年の夏、磯部温泉の取材の途中で立ち寄り、日帰り入浴だけしました。

 やっぱり記事にするには、ちゃんと泊まって、あこがれの歌人よろしく湯を浴み、酒を浴びなければ、いい文章は書けません。
 ということで、昨日は夕刻から入り、カメラマン氏と撮影取材を行ってきました。


 <霰(あられ) なす 樫の古葉にうちまじり 散りいそぐかも 庭のさくらは>

 野天岩風呂は、その名も「樫の湯」。
 そして、日替わりで男女が入れ替わる、もう1つの露天風呂が 「湯ざくら」。
 どちらも、牧水の歌にちなんで名づけられています。

 桜の花は、やっとつぼみが赤くほころび出したところです。
 「1週間、早かったな」
 「いや、この暖かさです。今週末には咲くでしょう」

 湯の中で、そんな言葉を交わしつつ、頭の中は “花より団子” ならぬ湯上がりの生ビールのことでいっぱいだったのであります。

 昨晩は、碓氷川のせせらぎを聴きながら、春の宵を酔いしれたのであります。


 <川ばたの 並木の桜つらなめて けふ散りみたる 麦畑のかたに>


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
磯部温泉 「桜や作右衛門」
    コメント(0)