温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年04月11日

鷹 or 蛙


 お久しぶりでした。
 3日ぶりです。
 長いブログ人生で、中2日空くということは滅多にありません。
 パソコンが壊れたとか、病気をしたとか、よっぽど両親の介護に振り回されていたかです。

 正解は、両親の介護であります。
 先週から実家に泊まり込んでいまして、日頃の疲れも出たのでしょう。
 就寝時間の早い年寄りと一緒にいたら、ついつい、こっちまで眠くなってしまい、毎日10時間の爆睡をしていました。
 おかげで今は、体調がすこぶる良いのであります。


 そんな折、息子がハワイから帰って来ました。

 「ハワイ!? なんでまた?」
 「会社で行ってくる」
 「会社って、仕事か?」
 「いや、……ああ、仕事かなぁ~。でも遊びだけど」
 「えっ、なんだよそれ?」

 一週間前の日曜日。
 玄関に息子の大きなキャリーバッグが置かれているのに気づいたのです。

 「いつ行くの?」
 「明日」
 「どれくらい行ってるの?」
 「1週間」
 「いっしゅうかん!」

 話を聞けば、なんでも息子が勤める会社の昨年度の営業成績が良かったとかで、全社員にご褒美としてハワイ旅行がプレゼントされたといいます。
 でも息子は、まだ社会人一年生ですぞ!
 そんなペーペーにも1週間もの南国バカンスを、ポ~ンとくれてしまう企業って、どんなところなんでしょうか?
 組織嫌いで、アウトローな貧乏人生しか歩んでこなかった父には、まったく理解ができません。

 確かに、息子が勤めている会社は大企業ですが、この不景気なご時世でも金のあるところにはあるものだと、ついつい卑屈になってしまったのでした。


 思えば1年半前、息子が大学4年生の夏のこと。
 あくせく就職活動をしている彼を見て、ついつい余計な助言をしてしまったのであります。

 「なに、就職活動なんてしちゃってるの?」
 「当然」
 「別に人生急ぐ必要ないんじゃないの? 1~2年はフリーターでもしながら、やりたいことを見つけたら?」
 と言った時です。
 会話を聞いていた家人が、血相を変えて飛んできて、
 「バカなことを言わないでよ! お父さんとは違うんだから!」
 とピシャリとやられました。

 ん? 俺とは違うだ?
 なんだよ、それ? 要は 「トンビがタカの子を産んだ」 とでも言いたいのか!
 でも、分からんぞ!
 俺の子だからな。おまけに、あのオヤジの血も引いている。

 所詮、「カエルの子はカエル」 かもしれん!
 いつなんどき、父や祖父のようにドロップアウトするかも分からないのである。

 彼の人生は、まだ始まったばかりなのだ。
  

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

この記事へのコメント
「反面教師」ということも、ありまする。いずれにせよ、、息子さん自身の人生ですから。
Posted by とおりすがり at 2016年04月11日 15:18
二極化してますから 政府の政策で 優遇を受けたり 好景気の 企業はありますよ

小暮様も ご存知だと 思いますが

当然
自分たちも 恩恵を 受けたいから 自民党を 応援する訳で

保守派群馬は 悪人が多くて 恥ずかしいです

そのうち
除染廃材 発電が始まったら 群馬に住むのも限界になりそう
Posted by momotaka at 2016年04月11日 17:24
とおりすがりさんへ

ズバリ、反面教師でしょうね。
でも小さい頃から海へ山へ、アウトドアに連れて行ったり、僕なりの人生の価値観を叩き込んだんですけどね。
やっぱ、貧乏がイヤだったのかなぁ~(笑)


momotakaさんへ

ウルグアイ前大統領が来日中ですが、彼の言葉に、どれだけの日本人が心を動かされたのでしょうか?
氏いわく、「貧乏とは、多くの物を必要とすること」「私は決して貧しくない。質素を好むだけだ」。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年04月12日 17:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鷹 or 蛙
    コメント(3)