温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年04月12日

カエルの遺伝子


 「みんな、心しておきなよ。ジュンはオヤジに、そっくりだからな。こうなるぞ!」
 今年の正月の一族団らんの席で、アニキが僕の子どもたちに向かって言った言葉です。
 認知症が進むオヤジのボケ具合に、孫たちが笑ったときでした。

 それから1ヶ月ほど経った、ある休日の午後。
 2階の自室で仕事をしていると、階下のリビングがさわがしい。
 どうやら長女が孫を連れて遊びに来たようです。
 僕は仕事の手を止めて、孫の顔を見に降りていきました。


 長女 「伯父さん、言ってたよね。お父さんもおじいちゃんみたいになるって」
 次女 「あー、やだやだ。あたし、看ないからね」
 長女 「なに言ってるのよ。あんたが一番長く、この家にいるんだからね」
 次女 「あたし、高校出たら、さっさとこの家出るから」
 長女 「あんたが、一番おとうさんと仲いいじゃない!」
 次女 「おねえちゃん、長女なんだからね。おねえちゃんが看るのが筋じゃない?」
 長女 「だったらR(長男) でしょう。長男なんだから! ね、Rが看るよね?」
 長男 「・・・」

 廊下で、そこまで立ち聞きをして、僕は咳払いをしながらリビングに入りました。
 知ってか知らずか、一堂、爆笑!

 「おじいさま、こんにちは!」
 ふざけて、あいさつをする孫に、またもや座は大笑い。
 僕の目尻も下がりっぱなしです。


 まっ、いっか……。
 さっきの話は、聞かなかったことにしましょう。

 でも、そんなことを子どもたちに話される年齢になったということです。
 ああ、恐ろしや!

 “子は親の背中を見て育つ” といいます。
 おい、子どもたち!
 今の俺の背中を、よーく見ておけよ!
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)
 カウントダウン (2018-05-07 18:02)
 ホールインGW (2018-05-03 18:48)
 一期三会 (2018-05-01 12:25)

この記事へのコメント
大丈夫ですよ!しっかり見てくれてますよ。3人で知恵を出しあって看てくれますよ。
Posted by 優・寛の母さん at 2016年04月13日 20:53
優・寛の母さんへ

だといいのですが……。
ま、期待はしていませんがね。
“老いるとは、どういうことか?”
オヤジとオフクロから学んでいるところです。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年04月14日 00:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
カエルの遺伝子
    コメント(2)