温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年04月15日

ムヒカ語録


 <人間の不幸は過去を後悔し、未来を心配することから来ている>

 この言葉を覚えていますか?
 ベストセラー 『嫌われる勇気』 の著者で、哲学者の岸見一郎氏の言った言葉です。
 ※( 2016年3月27日 「理想の生き方」 参照)


 同じことを言った人がいました。
 先日、来日したウルグアイ前大統領のホセ・ムヒカ氏です。

 <幸せになるには将来を恐れないこと>

 氏は “世界一貧しい大統領” なんて呼ばれていますが、このことについても講演で、こんな風に語っていました。

 「私は決して貧しくない。質素を好むだけだ」 と。


 今回の来日のテーマは、「日本人は本当に幸せですか?」。
 その問いかけは、消費することにより経済大国となったアジアの小さな国に、今、大きな疑問を投げかけています。

 「この社会を形づくる市場経済というものからは倫理、とくに哲学が分離してしまった。市場によって、私たちは組織だった社会に生きるようになったが、それは人々に浪費を強いるシステムでもある。何かを買うために生きる。浪費し、消費することが不可欠な社会になってしまった」

 そして、こう釘を刺します。
 「お金で物を買っていると思うだろうが、実は自分の人生の一定の時間と引き換えているのだ」

 さらに、こうも言い切ります。
 「お金のために自分の人生をぶち壊していいのか!」


 氏は講演の最後に、日本の若者にメッセージを告げました。
 「 “貧乏とは、多くの物を必要とすること” という言葉を覚えておいてほしい」

 質素を好み、多くの物を必要としない氏は、実は “世界一豊かな大統領” だったのです。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ムヒカ語録
    コメント(0)