温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年04月18日

天の神よ 地の神よ


 ♪ はるかかなた 天明の世に
   怒れる山よ
   空を焦がし 野を焼き尽くす
   炎の嵐
   天変地異 逃げ惑う民
   降り積もる 灰の原に
   神が授けた 命の泉
   湯いずる国 湯源郷 ♪
    ( 『湯源郷』 by Jun Kogure )


 またしても大震災が日本列島を襲いました。
 “天災は忘れた頃にやって来る” ものなのでしょうか?
 いえいえ、私たち日本人は、決して忘れてなんかいません。

 日本は世界一の地震国です。
 そして地震の恐さを、どこの国の人たちよりも身をもって知っています。
 それでも、やはり、突然の惨事に、私たちは茫然自失するしかありません。

 毎日毎日、テレビに映し出される倒壊した家屋や土砂崩れの映像に、息を呑むばかりです。
 自然の猛威の前では、私たち人間は何もあらがうことができないのです。

 そしてまた、たくさんの尊い命が失われました。


 僕は今でも忘れられません。
 5年前、東日本大震災の津波で、家族を亡くした漁師の言葉が……。
 「それでも海を憎いとは思えない。なぜなら海は、私たちに有り余る多くの恵みを与えてくれるから」

 冒頭に記した歌詞は、僕がライフワークのようにして歌詞を継ぎ足しながら歌い続けている歌の5番です。
 群馬県内の “いで湯伝説” を掘り起こし、後世に残そうとメロディーにのせて歌っています。

 温泉は、地の神様からの贈り物です。
 だからといって神様は、人間に徳だけを与えてくれているわけではありません。

 天明3年(1783)、浅間山の大噴火により多くの人命や家屋、広大な農地を失いました。
 火山灰が降り積もり、泉口をふさいでしまったため、その圧力により新しく噴出したのが磯部温泉(群馬県安中市) の源泉だったといわれています。
 まさに 「災い」 と 「恵み」 は表裏一体なのであります。


 天の神よ、地の神よ。
 この国に、ご加護をお願いいたします。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)
 カウントダウン (2018-05-07 18:02)
 ホールインGW (2018-05-03 18:48)
 一期三会 (2018-05-01 12:25)

この記事へのコメント
群馬の人も 過去の災害を思いだし
もう あの時には 戻れない事を 噛み締めた方がいいと

私は思います。
Posted by momotaka at 2016年04月19日 10:22
momotakaさんへ

群馬は災害の少ない、住み良い県だと言われますが、それでも過去にはいくつもの災害を経験しています。
洪水や山津波など、自然を破壊したことによる人災も少なくありません。
目先の営利に惑わされずに、自然との共存を考えたいものです。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年04月19日 21:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
天の神よ 地の神よ
    コメント(2)