温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年04月30日

坂東太郎って誰よ?


 群馬には、海はないけど川がある!

 そう、海なし県に生まれ育った僕らには、川が遊び場だったのだ。
 山の清流で泳いだり、里の小川で釣りをしたり、少年時代はいつも川で遊んでいた。
 なかでも県都に育った “前橋っ子” にとって、川といえば市内中央をとうとうと流れる大河、利根川こそが海に匹敵するウォータースポットでした。

 全長322キロメートル、全国2位。
 流域面積1万6840平方キロメートル、全国1位。
 まさに 『利根は坂東一の川』(上毛かるた) なのであります。

 「坂東」 とは、箱根の山の東の意味で 「関東」 のこと。
 その関東地方で一番大きい川であることから、利根川は別名 「坂東太郎」 とも呼ばれています。
 「太郎」 とは長男のことです。

 ということは、次男も三男もいるのか?
 はい、います。
 でも関東ではありません。

 九州の筑後川が 「筑紫次郎」、四国の吉野川が 「四国三郎」 の名で親しまれています。
 この三兄弟は、その流域面積の広さや景観の素晴らしさから 「日本三大河川」 と称されています。
 でも、長さだけで比べれば日本一は新潟県と長野県にまたがる信濃川(367km) が日本一。
 3位は北海道の石狩川(268km) です。
 こちらも利根川とともに 「日本三大河川」 に数えられています。


 さてさて、なんで今日はこんな話をしたのかというと、僕は昔から利根川に 「坂東太郎」 という人の名前が付いていることに “謎学” を感じていたのです。
 だって、「筑紫次郎」 と 「四国三郎」 は語呂合わせですからね。
 どーても、いいんです。
 元は 「坂東太郎」 ありきですからね。

 では、なんで人の名前なんだろうか?
 もしかしたら、昔々に利根川と深い関わりがあった人がいたんじゃなかろうか?
 って、謎を追いかけて、探しまくっていたのです。

 そ、そ、そしたらーーーーっ!
 いたんですよ!
 坂東太郎さんが!!!!


 ということで今日は、前橋市内を流れる利根川周辺を歩き回り、坂東太郎ゆかりの神社や伝説が残る場所を訪ねてきました。

 そ、そ、そしたら、なんと、太郎さんには弟(坂東次郎) もいたんです!
 ということは、筑紫次郎は弟ではなかった?(名字が違うから九州に養子に出された別の弟かもしれませんが)。

 おもしろいですね。
 伝説を訪ねる謎学の旅って! 


同じカテゴリー(謎学の旅)の記事
 カッパは七年に一度現れる (2016-09-02 21:34)
 真夏のミステリーツアー (2016-08-12 12:32)
 編集長は、どこへ行った? (2016-06-27 22:36)
 怪談めっけ (2016-06-02 20:27)
 死んだ博士の呪い (2016-02-06 20:52)
 夜の会議室 (2016-01-28 18:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
坂東太郎って誰よ?
    コメント(0)