温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年05月04日

マロの独白⑭ 誰がジイサンじゃい!?


 こんにちワン!
 マロっす。
 ここんちの飼い犬、チワワのオス、9才です。

 しっかし、お久しぶりでやんした。
 最近、オイラの出番が少ないと思いませんか?

 ご主人様ったら、このところ家を空けないんですよ。
 (だからオイラが、こっそりパソコンを拝借するチャンスがないんだ)
 なんでも 「ひと仕事終えた」 とか言っちゃって、部屋にこもって、本を読んだり、書き事をしていることが多いんです。
 世間は、ゴールデンウィークだっていうのにね。

 うちのご主人様、このゴールデンウィークっていうのも、昔からキライなんです。
 だって毎年、「どこかへ行きましょうよ?」 ってオイラや家族が誘っても、
 「俺は、人ゴミと人マネが嫌いなんだ!」
 のひと言で、一蹴されてしまいます。

 “人が働いているときに遊んで、人が遊んでいるときに働く” のが、ご主人様のモットーのようですよ。


 その代わり、散歩には毎日、連れて行ってもらっているワン!

 でもね……。
 最近、散歩のコースが変わっちゃったんですよ。
 というのも……。

 1週間ほど前のこと。
 いつものように、オイラが来るのを毎日楽しみにしている子どもたちがいる学童保育所の前を通りました。

 「あ、マロちゃんだ!」
 「マロー!こっち来て~!」
 って、オイラは人気者なんです。
 庭で遊んでいた子どもたちは一斉に駆け寄って来て、オイラの体を触ります。

 いつものことですからね。
 ご主人様だって、愛想を振りまいていましたよ。
 でもね、一人の男の子が言った言葉が、気に入らなかったようで、急に不機嫌になって、
 「さ、マロ、行くぞ!」
 って、急にリードを強く引っ張られてしまったのです。

 その言葉というのが、
 「おじいさん、僕にも触らせてください。まだ触ってません」
 でした。


 「ご主人様、急にどうされたんですか?」
 「失礼なガキだ! 何が “おじいさん” だ!」
 「そんなことを気にしているのですか?」
 「当たり前だ」
 「でも、実際、K君(孫) のおじいちゃんじゃありませんか?」
 「バカもん! それとこれは別だ! 俺はあの子のジイサンじゃない!」

 ということで、その日以来、学童保育所の前は通らなくなってしまったのです。
 ご主人様って、ああ見えてプライドが高いのですよ。
 て、いうか、本人は年齢のわりには若いと思っているんですね。
 ま、なんとなく、ご主人様が傷つく気持ちも分かりますけど。

 でも残念だな~。
 オイラ、子どもたちが大好きなのにな~。

 ご主人さま~、早く機嫌を直してくださいよ~!
 

同じカテゴリー(マロの独白)の記事
 マロの独白(43) センダングサ撲滅作戦 (2018-11-06 12:10)
 マロの独白(42) 入れ歯が欲しい (2018-10-13 12:12)
 マロの独白 (41) 恐怖の夏よ、サヨナラ! (2018-08-17 19:02)
 マロの独白(40) 最年長だワン! (2018-07-17 10:36)
 マロの独白(39) 日赤フィーバー (2018-06-08 19:37)
 マロの独白(38) 無芸大食 (2018-04-14 18:13)

この記事へのコメント
マロさん、こんばんワン!おひさしぶりです☆ こちらも(?)部屋こもりGWを
満喫中です。おじいさん発言について、こう思います・・・その男の子の祖父の方も、小暮先生のようにめっちゃ若ぶりなんですよ、きっと。だって、マロさん、思いませんか?最近ヒトもイヌも、年取ってもぜんぜん若いですよね・・・マロさんの年齢だって、一昔前は「ええ、もう9歳なんですか?」って言われたけど、今は「あ、まだ9歳なんですね」って言われるでしょ。そうでしょ。・・・といって、自分もほっとしたい「お年頃」のムクでした。早くご主人様のご機嫌なおりますように♪
Posted by ムク at 2016年05月04日 19:45
お久しぶりです。それはカチン(怒)ときますね!私も近所の小1の女の子に『おばあちゃん』と言われました。まーこの歳でおばあちゃんになっている方もいるのでしょうが…。私、そんな風に見えるのかしら(泣)わたくし只今、48歳。
Posted by 優・寛の母さん at 2016年05月05日 08:19
ムクさんへ

ですね、ムクさんのおっしゃるとおりでやんす。
オイラも、この夏で10才になるんですよ。人間で言えば、とっくに、おじいちゃんです。でも気持ちは、昔のままですよ(見た目も相変わらずチビですけど)。
きっと、ご主人様も分っているんでしょうけど、意地になって保育所の前を通らないみたいです。
今度、オイラが無理やり引っ張って行くだワン!


優・寛の母さんへ

心情を察するだワン!
48歳で 「おばあちゃん」 は、ちょっとショックですね。
うちのご主人様も、せめて 「おじさん」 と言ってほしかったようですよ。
ま、相手は子どもですからね。社交辞令やお世辞は通用しませんって。
「要は中身ですよ。ハートで勝負しましょう!」 と、ご主人様をなぐさめているだワン!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年05月05日 20:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
マロの独白⑭ 誰がジイサンじゃい!?
    コメント(3)