温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年05月08日

キジも鳴かずば


 ♪ ハトとトンビとヤマドリとキジと
   カリガネとウグイスが一緒に鳴けば
   ククピン、ククピン、ピンカラショーケン
   ソーリャーケンケン、ケンチャラチャンの
   ホーホケキョ ♪


 「えっ」 と驚かれるかもしれませんが、我が家の隣にはキジが棲んでいます。
 といっても、隣の家で飼われているわけではありません。
 隣の空き地に、つがいで暮らしているのです。

 以前、隣の敷地にはビニールハウスがありましたが、2年前の大雪で大破してからは、更地になっていました。
 今では、草ぼうぼうの草原になっています。
 どうも2年前の夏あたりから、夫婦で引っ越してきたようです。


 「キジも鳴かずば射たれまい」

 まさに、そんなに大きな声で鳴かなくてもいいのにと思うほどの大声を上げて、朝となく昼となく夜となく鳴き叫んでいます。
 でもね、一般に言われているような 「ケン」 とか 「ケーン」 とは鳴きませんよ。

 「キャーン」 とか 「ギャーン」 という耳をつんざくような金属音に近いんです。
 だから夜中に鳴かれた日には、ビクッ!とベッドから起き上がってしまうこともあります。

 ことわざにされるくらいですからね、キジは自ら余計なことをして、人間に見つかってしまうわけです。
 でも、これって人間もやってしまいますよね。
 つい余分なことを言ってしまい、相手を不機嫌にしてしまったり、親切のつもりでしたことが、アダになってしまったり……。

 「キジの振り見て我が振り直せ」


 それにしてもキジは、いつ出合ってもオスとメスが一緒で、仲が良いんですよね。
 うらやましいような、気の毒なような……。
 僕は、キジの真似はできませんね。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)
 われら、逃げ切り組 (2018-10-02 13:58)
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
キジも鳴かずば
    コメント(0)