温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年05月09日

最新刊 『西上州の薬湯』 明日発行!


 読者のみなさま、大変お待ちどうさまでした。
 いよいよ、シリーズ第8弾目となる最新刊が、発売されます!

 昨年5月に出版した 『尾瀬の里湯』(上毛新聞社) から、ちょうど1年。
 満を持して、温泉ファン待望のコアなローカル温泉本が今年も世に出ることになりました。
 タイトルは 『西上州の薬湯』。

 ちょっとマニアック過ぎて、県外の人には意味が分かりづらいですかね?
 えっ、群馬県民でも、よく分からないって?
 では、説明しましょう。

 たびたび講演などでは話しているテーマなのですが、群馬県は全国でも稀な山岳部と平野部がハッキリと分かれている地形をしています。
 そう、関東平野は群馬県から始まるのです。

 浅間山~榛名山~赤城山、これを群馬の “火山ライン” といいます。
 このラインを境に、北側と南側では温泉の温度と泉質が極端に異なります。

 北は温度の高い 「温泉」 や 「高温泉」、南は温度の低い 「低温泉」 や 「冷鉱泉」 が主流となります。
 そして泉質は、北はサラリとした単純温泉や硫酸塩泉が多いのに対して、南はトロンとした塩化物泉(食塩泉) が目立ちます。
 ということは、漁場で例えるならば、群馬県は暖流と寒流が出合う場所。
 多種多様な温泉が湧く、まさに、“温泉の宝箱” なんであります。

 なによりも、何百年という長い間、冷たい泉を温めて入っているって凄い事だと思いませんか!?
 そして、日本全国どこでもボーリングにより温泉が湧き出る現代でも、昔ながらの自然湧出する “霊泉” や “神泉” をわざわざ温めてまで、我々に提供してくださっているのです。

 古湯を守り続ける 「湯守(ゆもり)」 に、感謝!


 ということで、長年のテーマであった西上州の薬湯と呼ばれる霊験あらたかな湯を求めて、また1年間、旅をしてまいりました。
 16温泉地の25軒の宿と10ヶ所の入浴施設、すべての湯に入り、その歴史や効能、湯守人たちを取材しました。

 書店に並ぶのは、1週間~10日後になると思いますが、興味のある方は、ぜひ手にとってご覧ください。
 定価1,000円+税と、大変お買い求めやすいお値段になっています。
 懐具合とご相談の上、もし余裕が多少おありでしたら、お買い上げくださいますようお願い申し上げます。


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 あっぱれ! くまざわ書店 (2018-11-15 13:09)
 7年ぶりのランクイン (2018-11-04 11:40)
 つぶれない理由 (2018-10-28 12:31)
 コンプリートのチャンス! (2018-10-12 12:44)
 三途の川を渡れなかった婦人 (2018-09-27 14:35)
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)

この記事へのコメント
小暮さん、おめでとうございます。と同時にお疲れ様でした!群馬県内の温泉、知ってる様で知ってません(恥ずかしい!)私も一応県民の一人として(生まれは他県ですが)県内全ての温泉を言える(紹介)出来る様になりたい。早速「西上州の薬湯」を買って勉強しなくっちゃ!(笑)先生が紹介される温泉地が何所も日帰り入浴を受け付けてくれると助かるのですがねぇ!?
Posted by 水上のなべちゃん at 2016年05月10日 06:07
水上のなべちゃんへ

ありがとうございます。
最新刊は、今までにないテーストに仕上がっています。
きっと、お役に立てると思いますよ。

最近は、どこの温泉宿も積極的に日帰り入浴客を受け入れています。
掲載されている宿のほとんどが日帰り入浴“可”ですので、ご安心ください。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年05月11日 10:50
それは 逃さずに買わないと

どの書店が 店頭に並ぶの 早いだろうか?(・_・;?
Posted by momotaka at 2016年05月11日 12:07
momotakaさんへ

毎度お買い上げ、誠にありがとうございます。
たぶん前橋中心商店街の老舗K堂書店だと思いますよ。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年05月11日 17:53
小暮さま、出版おめでとうございます♫
本日、近所の本屋さんに注文をしに行きました(東京)。
早く届かないかなあ〜と、夫共々楽しみにしています!
Posted by ムク at 2016年05月18日 10:56
OH~♪早速書店に行ってみますね(*^^*)
ワクワクします
Posted by うえちゃん at 2016年05月19日 06:37
ムクさんへ

さっそく、ありがとうございます。
ネットで簡単に本が買える時代に、わざわざ書店に注文を入れていただけるなんて、著者冥利に尽きるありがたき!
感謝、感謝であります。


うえちゃんへ

毎度、ごひいきにしていただき、ありがとうございます。
今回は、群馬の中ではマイナーな温泉エリアを徹底取材しました。
“冷たい温泉” ならではの霊験あらたかな薬湯の世界を存分にご堪能ください。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年05月19日 11:33
小暮淳さま、お久しぶりです。
西上州はおっしゃられる通り本当に薬湯のようなクセモノの湯が多いです。
そして私の住む埼玉北部からは藤岡あたりで40分くらいととても近いのです。
今は群馬県内の書店をのぞいたのですが見当たらず、埼玉の大手書店で3日程で取り寄せしました。
先日再開したばかりの砦の湯が載らなかったのは残念ですが、温泉地としては昔全て行ったところで(磯部の宿は未湯があります)、懐かしみながら読ませていただきました。
私の掲示板でも紹介致しました、頑張って下さい、よろしくお願いします。
http://9118.teacup.com/onken21/bbs/7320
Posted by ONKEN21 at 2016年06月11日 00:18
ONKEN21さんへ

毎度お買い上げありがとうございます。
また本の紹介もしていただき、重ねてお礼を申し上げます。
「砦の湯」 は、本の取材時は、まだ閉館中でした。
経営者が替わり再開するとのことでしたが、出版には間に合いませんでした。
ので、あしからず。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年06月12日 14:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
最新刊 『西上州の薬湯』 明日発行!
    コメント(9)