温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年05月11日

この一瞬のために生きている


 「カンパーイ!」

 いったい僕は、この言葉を今までに何回、口にしたことでしょうか?
 何千回? 何万回?

 1年365日、ほぼ毎日酒は飲んでいますから、その回数だけ唱えていることになります。
 もちろん、一人で飲むときだって 「今日は頑張ったね、ではカンパイ!」 って、ちゃんと心の中で言っていますよ。
 そして、すべて楽しくて、おいしい酒です。

 僕は、ヤケ酒は飲みません。
 その昔、サラリーマンをしていた頃には、数回あったかもしれませんが、この仕事に就いてからは毎回楽しい酒ばかりです。

 でもね、そんな飲兵衛の僕でも、一生に何回もない、最高にウマイ酒というのがあるのです。
 それは、大きな仕事を成しとげた時に飲む酒です。
 その酒の味といったら、どんな高級なワインや日本酒を出されてもかないませんって!

 決して、これは言い過ぎではなく、この美酒を飲む一瞬のために僕は生きているのです。


 昨日5月10日は、前回報告させていただいたとおり、新刊本の発行日でした。
 どんなに忙しくても、他の用が入っていても、この一瞬を味わうために、本の制作に関わったスタッフは、何はともあれ集まります。

 まだ外は明るい午後5時半。
 前橋市内の安居酒屋に、4人の男たちが顔を揃えました。
 ディレクター、デザイナー、カメラマン、そして著者であります。

 4人の手には、つい先ほど印刷所から出版元へ届いたばかりの、出来立てホッカホカの本が、それぞれ1冊ずつ握られています。
 そして目の前には、生ビールが……。

 でも、誰もビールには手をのばしません。
 全員が、ページをめくりもせず、ただジッと表紙を眺めています。
 それぞれが、それぞれの感慨に浸っているのです。

 「そろそろ、いいですかね?」
 ディレクター氏の発声で、やっと本をテーブルの上に置き、ジョッキを握りしめました。

 「大変お疲れさまでした。おめでとうございます」
 「カンパーーーーイ!!!!」

 この瞬間、気分は絶頂を迎えます。
 この世に存在する快楽のなかで、最高の快感が足の先から頭のてっぺんまで全身を貫いていきます。

 <ああ、この一瞬のために生きているんだ!>

 そう思ったら僕は、全員と握手をせずにいられませんでした。
 「ありがとう」
 「ごくろうさま」
 「また、よろしく」

 同じ釜の飯を食べた戦友たちに、言葉では表しきれない感謝をこめて……。
 

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 幻に始まり、幻に終わる。 (2017-10-09 15:59)
 月に酔う 酒に跳ぶ (2017-10-05 19:00)
 赤兎馬に酔う夢のつづき (2017-09-17 23:01)
 七夕の夜風を切って救急車 (2017-07-09 17:30)
 なぜにあなたはHへ行くの? (2017-06-29 14:54)
 赤兎馬に願いを込めて (2017-06-03 13:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
この一瞬のために生きている
    コメント(0)