温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年05月16日

アンチ上毛かるた


 カルタといえば?
 群馬県民ならば、迷わず 「上毛かるた」 と答えるでしょうね。
 僕も10年前までは、そう答えていました。

 でもね、野球ファンに “アンチ巨人” が存在するように、どんなジャンルにも “アンチな人たち” は、いるのです。
 ある日ある時、積年の思いをつのらせたアンチな男たちが顔を会わせたとき、新たな歴史が生まれたのであります。
 出会ってから2年後の2008年、僕らは 『新・ぐんまカルタ』(ぐんまカルタ制作実行委員会) を世に送り出しました。
 ※(制作の経緯は、当ブログの2010年12月18日 「3分の1は敵」 を参照)


 あれから8年。
 一昨晩、ぐんまカルタ制作実行委員会の年に一度の定期総会が開かれ、久々に戦友たちが顔を合わせました。
 といっても、僕が最年少なんです。
 他のメンバーは、ひと回り以上、ふた回り近く年上の方たちです。

 「8人が5人になってしまいましたが、これからも生きている限り、総会を続けましょう。では、乾杯!」
 平成27年度の収支決算報告の後、親睦会の開宴となりました。

 8人が5人……。
 はい、この8年の間に、3人の同志が旅立ってしまったのであります。

 「このところ総会のたびに、人数が減ってしまうね。小暮君が一番若いんだから、後を頼んだよ」
 と発起人で代表のI氏。
 この日、I氏は術後ということで、ノンアルコールでの乾杯でした。

 10年経ったということは、40代だった僕は50代になり、60代だった人は70代になっているということです。
 月日とは残酷なようですが、万人に平等に訪れるものなのであります。

 「80歳になったら、車の運転はやめようと思うんだ」
 「もう、すぐじゃないの?」
 「ああ、次の免許の書き換えはないよ」
 先輩たちの会話を聞きながら、なにげに僕は20年後の自分を想像していたのです。

 残った4人の先輩たち。
 大丈夫ですよ!
 10年後だって、20年後だって、こうやって集まって、カルタ制作の苦労話を何回でもしましょうよ!


 ※『新・ぐんまカルタ』 は、県内主要書店にて販売中です。問い合せは、ぐんまカルタ制作実行委員会 TEL.090-9387-5484 (池田) まで。
 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)
 そして今日の毎日新聞 (2018-09-17 13:43)
 今日の上毛新聞 「読書面」 (2018-09-16 10:45)
 表紙のイラスト (2018-09-14 18:29)
 今日の日経新聞② (2018-09-08 11:22)
 『民話と伝説の舞台』 好評発売中! (2018-09-05 12:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アンチ上毛かるた
    コメント(0)