温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年05月17日

バカになりたい


 「群馬の男の人は、すぐ 『バカ』 って言うよね」
 昔、東京で暮らしていた頃に、そう他県の女性から言われたことがありました。

 「バカ、気をつけろよ!」
 「バカ、危ないじゃいないか!」
 「バカ、雨が降ってきたぜ!」
 ってね。
 確かに言われてみれば、何かに付けて、驚いた時や相手を注意する時などに、知らず知らずのうちに 「バカ」 という言葉を発しているのです。

 でも、この場合の 「バカ」 は、決して、相手を見下した <おろか> とか <頭が悪い> という意味じゃありません。
 どちらかと言えば、「ああ」 とか 「おお」 とかと同じ感嘆語に近い使い方なのであります。


 この 「バカ」 という言葉、実に広い意味を持っています。
 広辞苑によれば、【馬鹿・莫迦】 とは、
 ① おろかなこと。社会的常識に欠けていること。また、その人。
 ② 取るに足りないつまらないこと。無益なこと。また、とんでもないこと。
   例=「バカを言うな」 「バカなことをしたものだ」
 ③ 役に立たないこと。 例=「ネジがバカになる」

 ま、ここまでは通常の 「バカ」 の解釈であります。
そして、どれも、あまり良い意味では使われません。
 でも 「バカ」 には、まったく真逆の称賛する意味で使われることがあります。

 バカ正直、バカ丁寧、バカ陽気、バカ真面目など、「並はずれた」 「度を超した」 ときに接頭語的に使われる “バカ” です。
 これは、ある意味、ほめ言葉でもあります。

 「なんでもいいから、一つのこと一心に取り組みなさい。他人からバカと呼ばれるようになりなさい」
 子どもの頃、そう親や教師に言われた記憶があります。

 野球バカやサッカーバカに、あこがれた友人はたくさんいました。
 さしずめ僕の10代は、フォークソング狂いの音楽バカでしたけど…。
 でも、人は誰も、そう呼んではくれませんでした。

 いつしか僕は、大人になる過程で 「バカ」 は、永遠のあこがれとなっていました。
 「ああ、バカと呼ばれたい」 「バカになりたい」ってね。


 月日は流れ流れて、2012年の秋。
 生まれて初めて、僕のことを 「バカ」 と呼んでくれた人がいました。
 その人は、ジャーナリストの木部克彦氏であります。

 著書 『続・群馬の逆襲』(言視舎) の中で、彼は僕のことを、こう記しています。
 <ここまで 「人生のすべて」 を温泉につけこんでしまう人は、なかなかいません。まさに 「温泉バカ一代」。>

 うーーーーん! バカバカバカ!
 苦節ウン十年、夢に見たバカと呼ばれた瞬間でした。

 しかも言葉ではなく、今でも活字として残っている 「バカ」 であります。
 木部さん、ありがとうございました。
 この言葉に恥じることのないよう、さらに “バカ道” を極めたいと思います。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 不便と不自由の選択 (2018-12-10 12:08)
 ガンバレ! 人生百年 (2018-11-26 13:34)
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)

この記事へのコメント
うちの主人は、結婚の理由が
ぴーが、ばかだから と言われます。

ちび・でぶ・ぶす とも言われます。
Posted by ぴー at 2016年05月18日 11:37
ぴーさんへ

「バカ」 とは最高のほめ言葉です。
ご主人には、ぴーさんが並はずれた女性に映ったのですね。
ステキな結婚理由です。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年05月19日 11:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
バカになりたい
    コメント(2)