温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年05月20日

湯守との出会い


 昨晩、前橋市大友町にある群馬県公社総合ビルでイベントがあり、ゲストスピーカーとして講演をしてきました。
 いただいていたテーマは 「出会い」。

 ということで、湯守(ゆもり) の仕事についてお話をさせていただきました。


 湯守とは、読んで字のごとく、湯(温泉) を守っている人のことです。
 昔は、どこの温泉地にもいました。
 でも昭和の高度成長期以降、温泉地が湯治場から観光地へと変貌する過程で、湯の質は二の次三の次へと価値が降格され、湯守の存在すら認識されなくなってしまいました。

 でも、いるんですよ!
 何百年という長い年月を、何代にもわたって湯を守り続けている職人肌の湯守が!
 そんな人たちの仕事を、短い時間でしたが紹介しました。


 では、どうやったら湯守のいる宿を探し当てることができるのでしょうか?
 その目安となる条件は3つあります。

 「自然湧出」 「自然流下」 「完全放流」 です。

 人の手が加わらずに自噴している湯を、地形の高低差だけを利用して浴槽へ流し込み、そして、かけ流している湯のことです。
 これら一連の湯の流れを管理するには、相当に腕の良い、熟練された湯守でないとできません。
 これに対して、真逆の温泉があります。

 「掘削揚湯」 「動力給湯」 「循環ろ過」 です。

 機械で掘って、くみ上げ、給湯装置により湯を一定の温度に管理して、ろ過しながら浴槽の中で循環させている湯のことです。
 こちらは、すべてコンピューターにより制御されていますから、湯守の存在はいりません。
 マニュアルにしたがい従業員が操作しています。


 ただし前者のように一切、人の手を加えずに自然のままで湯を提供している宿は、全国でも10%未満だといわれています。
 では、どうしたら、そんな極上の湯を提供する宿を探せるのか?
 これには、ちょっとした経験と知識が必要なんですけどね。
 でも、なかなか新聞や雑誌、ブログ等では公表できないのが現状です。

 講演やセミナーなどで、機会がありましたら、またお話しします。


同じカテゴリー(講演・セミナー)の記事
 小さな講演会 (2017-08-15 21:18)
 文化講演会のお知らせ (2017-06-19 13:58)
 出版記念基調講演会のお知らせ (2017-05-11 22:20)
 亡夫の湯心を抱いて (2017-03-04 21:32)
 ぐんぎん証券開業記念講演会 (2017-02-03 12:42)
 若者よ、温泉に入ろう!② (2016-11-28 22:26)

この記事へのコメント
毎回楽しみに読ませていただいています。今回の「湯守」のお話の続きをもっと聞きた~い。先生、チャンスを下さい!
さて、ここでお話して良いものやら分かりませんが(削除して下さい)先生もよく御存知の湯宿温泉・旅館みやま荘さんが現在休業中。お客様にも人気の高い宿で決して経営的な原因ではないと思うのですが‥
勝手な詮索は止めにして、一人のファンとして出来る限りの早い営業再開を願うばかりで御座います。
Posted by 水上のなべちゃん at 2016年05月21日 07:00
水上のなべちゃん

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。
みやま荘さん、そうだったんですか!
来週、湯宿温泉へ行きますので、詳しいことを聞いてきますね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年05月21日 13:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯守との出会い
    コメント(2)