温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年05月27日

伊香保温泉 「よろこびの宿 しん喜」


 子どもの頃に家族で、社会人になって忘年会や新年会で、温泉ライターになってからは研修会やセミナーの講師として、幾度となく、いやいや、きっと数えられないくらい何十回と訪れているであろう群馬の名湯・伊香保温泉。
 でも、改めて行ったことのある旅館やホテルを数えてみると……。
 20軒にも満たない。
 伊香保温泉には、その倍以上、約50軒の宿があるのです。 

 前橋、高崎から車で、わずか30分。
 あまりにも身近で、知っているような気になっていたが、巡れば巡るほど奥が深いことに気づかされます。


 「いらっしゃいませ、お待ちしていました」
 「みなかみの温泉大使になられたそうで。新聞で拝見しました」
 ロビーで出迎えてくれた専務の青木伸行さんと総務部長の木暮孝史さん。

 ああ、恥ずかしい。
 群馬は狭いですね。
 伊香保温泉に来ているのに、いきなり、みなかみ町の件に触れられるとは、なんともバツが悪い。

 ソファーに腰掛けて旅装を解いていると、木暮さんが何やら売店から商品を手にしてもどってきました。
 「この手ぬぐい、同館のオリジナルなのですが、飯塚さんが作ってくださったんですよ。お仲間ですよね?」
 「えっ、そーなんですか!?」
 初めて会った人なのに、僕のことをなんでも知っているのですね。

 仲間の飯塚さんとは、イラストレーターの飯塚裕子氏のことです。
 彼女とは20年来の友人で、5年前には拙著 『ぐんまの里山てくてく歩き』(上毛新聞社) の表紙イラスト画を描いてもらいました。

 抹茶色に染められた手ぬぐいには 「八つの“しん”」 と題して、彼女の手書き文字で文章が書かれています。
 <いつでも「真」っすぐな心で 大木のように天に向かって「伸」びていく 「清」らかで常に美しく 汚れのない「信」じるこころ……>

 ん~、彼女らしいし、いい仕事をしています。
 今度、会った時に、ほめてあげましょう。


 「専務さん、後でお時間を取ってください。とりあえず、ひと風呂浴びてきますので」
 と、あいさつもそこそこでに、僕は部屋で浴衣に着替え、6階にある展望大浴場へ。
 最上階の標高は約800m。
 赤城山から子持山、小野子山と上州の山々が一望です。
 やや上空は雲がかかっていましたが、それでも文句なしの絶景です。

 メタけい酸含有のサラリとした 「白銀(しろがね)の湯」 を堪能した後は、そのまま同じ階にある 「展望湯上がりラウンジ」 へ。
 絶景を眺めながらの湯上がり生ビールとは、憎いことを考えたものです。
 これ以上の至福はありませんって!

 欲を言えば、これが仕事じゃないと、もっと幸せなんですけどね。
 ま、仕事だから幸せだという考え方もできますけど。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

この記事へのコメント
それを生業にしてしまうのが小暮さんの素晴らしいところ!
Posted by ふみひこ at 2016年05月28日 17:31
ふみひこさんへ

いえいえ、不器用なもので、消去法でたどり着いた職業なんですよ。
温泉入って、酒が飲める仕事って何だろう?と考えたら、温泉ライターしかなかったのです。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年05月28日 19:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
伊香保温泉 「よろこびの宿 しん喜」
    コメント(2)