温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年06月08日

伊香保温泉 「森秋旅館」


 ♪ 青い目をしたお人形は
   アメリカ生まれのセルロイド ♪


 森秋旅館を訪ねるのは、今回で2度目になります。
 確か7~8年前に、JR発行の小冊子の取材で来ました。
 でも、あの時は日帰りでした。
 今回は、ゆっくり泊まって、じっくり話を聞いてきました。

 8代目女将の森田由江さんに出迎えられたロビーには、あの日と同じに童謡が流れています。
 「青い目の人形」 「しゃぼん玉」 「赤い靴」 「七つの子」 「雨降りお月さん」 ……

 誰もが子供の頃に聞いた、唄の数々。
 これらの唄は、大正から昭和にかけて書かれた詩人、野口雨情の作品です。
 雨情は、昭和3年と14年に群馬県を訪れ、そのたびに定宿にしていたのが森秋旅館でした。

 「雨情さんは最初、県の依頼で 『上州小唄』 の制作のために泊まられました。ところが、なかなか仕事がはかどらず、予定よりだいぶ長く泊まられていたそうです。次に来られたときに、前回は迷惑をかけたからと、お詫びのしるしに当館のために書いた 『伊香保新小唄』 を残されていきました」

 ロビーの片隅にある野口雨情コーナーには、雨情直筆の歌詞が書かれた大きな額が飾られています。


 明治元年創業。150年の歴史を持つ、伊香保屈指の老舗旅館であります。
 と、いうことは当然、湯は 「黄金(こがね) の湯」 ということになります。

 温泉通の人は、ご存知だと思いますが、伊香保温泉には2種類の源泉が湧いています。
 何百年と湧き続ける 「黄金の湯」 と呼ばれる茶褐色のにごり湯と、平成になってから使用している無色透明の 「白銀(しろがね) の湯」 です。
 そして 「黄金の湯」 は、昔から湯権制度により湯の権利を持つ小間口権者(源泉所有者) である老舗旅館のみに分湯されてきました。
 現在、9軒の所有者に、この伝統ある茶褐色の湯を使用する権利が与えられています。

 森秋旅館は、その9軒のうちの1軒です。


 「う~ん、極楽、極楽」
 と、カメラ目線を忘れて、惚れ惚れするにごり湯に、思わずうなってしまいました。
 「やっぱり、これぞ伊香保の湯ですな」
 カメラマンの存在なんて、いざ知らず。
 “湯の花まんじゅう”(伊香保では温泉まんじゅうのことを、そう呼びます) の皮のような茶褐色の湯の中で、存分に湯浴みを満喫しました。

 特筆すべきは、良くできた浴槽の構造です。
 内風呂も露天風呂も、ちゃんと湯口(注ぎ口) が奥にあり、湯尻(あふれる側) が手前にあります。
 これもすべて、豊富な湯量を持つ小間口権者の宿ならではの特権であります。

 ザバザバと惜しみなく、あふれ流れる湯に感謝しつつ、撮影の後は、お決まりの生ビールでカメラマンと乾杯をしました。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)

この記事へのコメント
先日ツーリングで赤城温泉は湯之沢館に日帰り入浴♪
露天風呂で高崎から来た人と話しました!
伊香保は沸かし湯が多くなったと聞きましたが・・・
源泉に何かあったのでしょうか!?
Posted by うえちゃん at 2016年06月09日 20:50
うえちゃんへ

伊香保温泉には2種類の源泉があることは、知っていると思います。
「白銀(しろがね)の湯」 の泉温は約15度ですから、当然、加温して使用しています。
問題は古来より湧く 「黄金(こがね)の湯」 です。
現在、各旅館が使用している総合泉の湯温は40~43度です。
微妙な温度なので、加温している宿が多いようです。
詳しいことは、もう少し時間をください。
追って調べて、ご報告します。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年06月09日 21:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
伊香保温泉 「森秋旅館」
    コメント(2)