温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年06月13日

飲んで飲んで飲まれずに飲んで


 ♪ 月曜日はホームパーティーに呼ばれ
    手作り料理で芋焼酎を飲んだ
    火曜日は伊香保に泊まり
    湯上がりに生ビールを飲んだ
    水曜日は原稿書きに疲れて
    寝しなに冷酒を飲んだ
    木曜日は仲間と居酒屋に集まり
    生ビールと酎ハイを飲んだ
    金曜日は 『高崎バル』 に参加して
    5軒の店をハシゴして飲んだ
    土曜日はいつもの酒処 「H」 へ行って
    常連客としこたま飲んだ
    日曜日は介護に追われ
    親を寝かしつけてから一人酒を飲んだ
    チュラチュラチュラチュラチュラチュララ… ♪


 ということで、先週は飲み続けた1週間でした。
 いつもはそんなに飲まないんですけどね。
 暑かったのと、誘われたら断れない呑兵衛のスケベ根性のせいだと思います。
 でも、すべて美味しくいただきました。

 特筆すべきは、金曜日の 『高崎バル』 でしょうか!
 ご存知ですか? 僕は知りませんでした。

 「バル」 とは?
 スペインでは、手頃な小皿料理を食べられるコーヒースタンドやカフェ、バーや居酒屋が一緒になったようなお店を 「バル」 というんだそうです。
 で、高崎市では、3,000円で5枚つづりのチケットを販売して、期間中に街中を飲み歩いてもらおうというイベントを開催しています。
 なんと今回で10回目だそうです(ただし4日間限定、昨日終了しました)。

 でも、これが楽しいんですよ。
 1軒目は、とんかつ屋で揚げ物と生ビール。
 2軒目は、居酒屋でモツ焼きと酎ハイ。
 という具合に、ものの30分くらいで食べて飲んで、次の店へ向かいます。
 ラストの5軒目は、生ハムとワインで締めました。

 いわば “飲み食いラリー” なので、じっくり飲みたい人には向きませんがね。
 体力も必要なので、若い人が多かったようですよ。
 でも大変面白かったので、ぜひ、次回も参加したいと思います。


 さーて、今晩は……
 久しぶりに、休肝日にしようかな?
 

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 幻に始まり、幻に終わる。 (2017-10-09 15:59)
 月に酔う 酒に跳ぶ (2017-10-05 19:00)
 赤兎馬に酔う夢のつづき (2017-09-17 23:01)
 七夕の夜風を切って救急車 (2017-07-09 17:30)
 なぜにあなたはHへ行くの? (2017-06-29 14:54)
 赤兎馬に願いを込めて (2017-06-03 13:26)

この記事へのコメント
飲んで♪飲んで♪飲まれて飲んで♪
飲める自分に感謝ですね(*^^*)

酒を通じて仲良くなった人が多く居ますよ!
それも縁なんでしょうね(((^^;)
日曜は足利の酒を呑んでいい会の企画で地酒祭りに参戦
各地の銘酒を楽しみにました
Posted by うえちゃん at 2016年06月14日 23:04
うえちゃんへ

酒と温泉を好きな人に、悪い人はいない!
かどうかは分りませんが、温泉と酒は付きもので、どちらかが欠けても僕の場合、仕事になりません。
“湯を愛し、酒を愛し、そして人を愛す”
それが温泉ライターとしての信条であります。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年06月16日 12:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
飲んで飲んで飲まれずに飲んで
    コメント(2)