温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年06月27日

編集長は、どこへ行った?


 今日は朝から晩まで丸一日、群馬テレビの撮影ロケに同行して、群馬県内を東奔西走してきました。

 群馬テレビといえば、僕は4年間、夕方のニュース番組 『ジャスト6』 にコメンテーターとして出演していました。
 その時の肩書きは、「温泉ライター」 です。
 昨年4月から始まった知的バラエティー番組 『ぐんまトリビア図鑑』 では、アドバイザーをしています。
 ここでの肩書きは、「フリーライター」 です。

 で、『ぐんまトリビア図鑑』 には時々、番組にも出演しています。
 そこでの肩書きは、「トリビア博士」。
 という具合に、いつしか色々な顔を持つ、正体不明の色物師になってしまいました。

 で、今回は、さらに新たな肩書きが加わったのであります。
 その名も、「ミステリーハンター」!
 笑ってやってください。なんだ、それ?って!

 本人も今日まで知らなかったのであります。
 台本を見て、ビックリ仰天!
 「ミステリーハンターの小暮淳さんと、県内の不思議スポットをめぐります」
 だなんて……。

 と、いうことで今日は、親子ほど歳の違う安蒜幸紀(あんびる・さき) アナウンサーとともに、県内各地のミステリースポットを訪ねてきました。
 放送日は8月16日の予定ですが、詳しい情報は後日、ブログにて公開いたします。


 ところで、読者のみなさんは、「なんで小暮さんがミステリーハンターなの?」 と疑問を抱かれていることでしょうね。
 発端は10年前まで、さかのぼります。

 前橋市と高崎市の人なら、覚えているかもしれませんね。
 『月刊 ぷらざ』 という生活情報誌があったことを……。
 僕は2006年の廃刊まで、編集長をしていました。
 で、その雑誌に毎回、『編集長がゆく』 というエッセイを書いていました。

 テーマは、ミステリー。
 毎号、文末は必ず <謎学の旅はつづく> という決まり文句で締めくくっていました。

 あれから10年。
 あの時の謎が、今度は映像という表現に姿を変えて、ふたたび読者(視聴者) の元へ届けられることになりました。
 なんて、不思議なことでしょう!
 そして、なんて幸福なことでしょう!

 編集長は、あれからどこへ行ったのか?
 そう、こうやって今でもミステリーハンターとして、謎学の旅を続けているのでした。
 

同じカテゴリー(謎学の旅)の記事
 カッパは七年に一度現れる (2016-09-02 21:34)
 真夏のミステリーツアー (2016-08-12 12:32)
 怪談めっけ (2016-06-02 20:27)
 坂東太郎って誰よ? (2016-04-30 22:33)
 死んだ博士の呪い (2016-02-06 20:52)
 夜の会議室 (2016-01-28 18:50)

この記事へのコメント
お久しぶりです。
月刊ぷらざ 読んでました。
記憶違いかもしれませんが、(月刊windと)
当時、木暮さんは、ヤマハセロー225乗っていません
でしたか?
林道&温泉ツーリングの記事を読んだ事があります。
Posted by ぎっちゃんぎっちゃん at 2016年06月27日 23:46
ぎっちやんへ

いつも、ご愛読いただき、ありがとうございます。
でも、それは記憶違いですね。
「月刊 ぷらざ」 に連載していたのは、「源泉ひとりじめ」 という一軒宿の秘湯をめぐる連載でした。
ちなみに僕は、バイクは乗れません。あしからず。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年06月28日 18:34
記憶違い、すいませんでした。
また 温泉記事を楽しみにしています。
Posted by ぎっちゃんぎっちゃん at 2016年06月29日 18:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
編集長は、どこへ行った?
    コメント(3)