温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年07月02日

喜びの沸点


 「ありがとうございます。お世話になります」

 昨日の夕方のこと。
 ショートステイから帰って来たオヤジを実家の庭先で出迎えると、僕に向かって訳の分からぬことを言い出しました。

 「お世話になりますだ? じいさん、何を言ってんだよ?」
 「すみませんね。お世話になります」
 「誰に向かって言ってるの?」
 「……」
 「分らないの?」
 「……、はい」

 オヤジは要介護認定2、生活するには不自由はありませんが、認知症が進んでいます。
 数日間会っていなかったので、実の息子の顔を忘れてしまったようです。

 「あなたの息子だよ」
 「えーと、えーと、W(兄の名前) か?」
 「それはアニキだよ。その弟だよ」
 「弟? ……」
 「忘れちゃったのかよ!」
 「いま、思い出すよ。えーと……、なんて言ったっけかなぁ…」
 「最初の文字は、“じ” だよ」

 それでも分りません。
 オヤジは考え込んでしまいました。

 「じ、じ、じ……。“二郎” かな?」
 「二郎だ~!!! そんな息子、いたかよ?」
 「いないなぁ~」

 「ジュンだよ、ジュン!」
 「ああ、そうだ、そうだ! 俺の息子はジュンだった」
 「忘れるなよな」

 時々、あることなんですけど、これって結構、傷つくんですよ。
 しかも今回は、アニキの名前は覚えていたわけですからね。


 夕食を食べさせ、食器を片付けている時のこと。
 「ごちそうさまかい?」
 「はい、ごちそうさまでした」
 「焼酎でも、飲むかい?」
 「えっ、焼酎があるのかい? 飲むよ、飲みたいなぁ~」
 「だったらクイズに答えられたら、あげます」
 「クイズ? なんだい、それ?」

 「では問題です。目の前のこの人は誰でしょうか?」
 そう言って僕は、「チチチチチ…」 と秒読みを始めました。

 「何をバカなことを言ってるんだ。ジュンに決まっているだろ!」
 「では、あなたの何ですか?」
 「俺の息子だよ。次男のジュンだ」

 もう、それだけで充分なのであります。
 当たり前のことが、当たり前に言ってもらえただけで、嬉しいのです。

 「焼酎、いつもよりサービスしておいたからね」

 認知症のオヤジといると、年々、喜びの沸点が低くなっていくのであります。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 憧憬と焦燥 (2017-11-18 23:25)
 マロの独白(33) くっつき虫に御用心! (2017-11-16 18:49)
 特殊任務遂行指令 「HHS」 (2017-11-13 19:37)
 「いまに見ていろ!」 の今 (2017-11-06 12:13)
 遺伝子のバトン (2017-10-31 11:36)
 マロの独白(32) 寝る爺は育つ (2017-10-23 15:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
喜びの沸点
    コメント(0)