温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年07月20日

伊香保温泉 「いかほ 秀水園」


 こんな話を知っていますか?

 昔々、500年以上前の室町時代のこと。
 茂林寺(群馬県館林市) を開山した正通和尚が、榛名山のふもとの伊香保を一人旅していると、小脇に茶釜を抱えた坊さんと出会い、寺へ連れて帰りました。
 彼は守鶴(しゅかく)和尚と呼ばれ、茶釜は福を分けることから 「分福茶釜」 と呼ばれるようになりました。

 これは、有名な昔話の前世物語です。
 後に、この話が元となり、茶釜に化けたタヌキが芸をするおとぎ話が生まれました。


 宿に着くと、駐車場から玄関、ロビーへのすがら、茂林寺よろしく信楽焼きの大きなタヌキ像に出迎えられました。
 なんで伊香保でタヌキなんだろう?
 一瞬、そう思いましたが、すぐに僕は前世物語を思い出しました。
 以前、取材で分福茶釜のルーツを追いかけたことがあったのです。


 茶釜をあやつる守鶴和尚は、どこから伊香保へ来たのか?

 調べると、吾妻郡東吾妻町に青竜寺という寺がありました。
 そこには四角い顔をしていたため、四角和尚と呼ばれていた男がいました。
 彼は茶釜で茶を沸かして飲むのが好きで、仕事をサボってばかりいたため、寺を追い出されてしまいます。
 その時に唯一、持って出たのが茶釜でした。

 これは取材後に分ったことですが、茂林寺の正式名は、なんと!青竜山茂林寺。
 これは、偶然でしょうか?

 そして、“四角和尚” と “守鶴和尚”
 2人は、同一人物だったようです。


 「よく、ご存知ですね。その逸話にあやかって、館内には招福狸が10体いるんですよ」
 と3代目若女将の飯野由希子さん。

 ということで、昨晩は “タヌキ探し” の一夜となりました。

 元気狸、美人狸、アベック狸、長寿狸……
 なかにはマイクを持ってカラオケを歌う芸能狸なんていうのもいたりして。

 結局、10体すべてを見つけることはできませんでした。
 というのも、いつものように湯上がりに酔っ払ってしまって、途中で探す気力を失ってしまったのであります。


 10体すべてのタヌキを探すと、宿から素敵なプレゼントがあるようですよ。
 ぜひ、挑戦してみてくださいな!
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)
 下仁田温泉 「清流荘」⑨ (2017-10-21 11:47)
 法師温泉 「長寿館」⑧ (2017-10-19 14:22)
 伊香保温泉 「よろこびの宿  しん喜」② (2017-10-01 17:27)
 塩原元湯温泉 「大出館」 (2017-09-27 14:16)
 下仁田温泉 「清流荘」⑧ (2017-09-21 19:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
伊香保温泉 「いかほ 秀水園」
    コメント(0)