温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年07月24日

小次郎も死んだのさ


 ♪ ハチのムサシは死んだのさ
    畑の日だまり土の上
    遠い山奥 麦の穂が
    キラキラゆれてる午後でした
   (『ハチのムサシは死んだのさ』 by 平田隆夫とセルスターズ)


 今年も行ってまいりました!
 四万温泉協会主催による 『レトロ通りの懐かしライブ』 です。
 今年で第5回目を迎えたこの野外ライブ、初回からすべて出場しているのは我らがスーパーローカルオヤジバンドの 「KUWAバン」 だけであります。
 ※(今日の上毛新聞にライブの様子が掲載されました)

 自他共に認める “晴れ男” なんですけどね。
 過去4回は晴天の真夏日だったのに、昨日は初めて小雨がバラつき、気温も上がらず、ちょっと涼しめの陽気となりました。
 それでも傘をさすほどではなく、無事に今年も大トリを務めさせていたださました。

 観客のみなさん、主催者のみなさん、出演バンドのみなさん、ご苦労さまでした。
 そして、お世話になりました。
 そうそう、このブログを見て、遠路はるばる会場に駆けつけてくださった読者のWさん、Tさん、ありがとうございました。


 で、事件はライブ終了後に起きました。

 僕らのバンドは、全員がのん兵衛です。
 ステージでも缶ビール片手に演奏するのが通例なんです。
 もちろん、今回も全員がノドを潤しながらの演奏でした。

 「お疲れさまでした!」
 出番を終えてステージを下りたときでした。
 僕は、残りのビールを一気に飲み干そうと、勢いよく口の中へ……

 「うん?」
 口の中に異物を感じました。
 「なんだ?」
 と、吐き出すと!

 ハチです。
 それも大きなスズメバチ!

 「ギッ、ギェーーーーッ!!!!!!!」

 死んでいます。
 もし生きていたらと思うと、ぞっとしました。

 確かにライブ中、ステージのまわりを数匹のハチがブンブンと飛び回っていたのです。
 缶ビールの縁に止まっている姿も、見かけましたが、まさか中で溺死していたとは……。

 これぞ、“飛んで酒に入る夏の虫”であります。
 ハチもアルコールがお好きなんですなぁ~。

 「もう、いないよな?」
 と改めて、缶の中をのぞき込んで見ると……

 「ギッ、ギェーーーーッ!!!!!!!」
 2度目の戦慄が我が身を襲いました。
 もう1匹、いるではありませんか。
 彼も、琥珀色の液体の中で、プカプカと浮かんでいます。

 先ほどのが 「ハチのムサシ」 ならば、お前は小次郎か!?

 合掌!


 今年はスズメバチが大繁殖しているらしいですよ。
 みなさん、ご注意くださいね。
 

同じカテゴリー(ライブ・イベント)の記事
 夏だ! 祭りだ! 老神温泉 (2017-08-04 23:24)
 夏だ! ライブだ! 四万温泉 (2017-07-27 11:24)
 四万ライブ 参加アーティスト募集中! (2017-06-15 15:33)
 牧水~あくがれのみなかみ (2017-06-10 11:25)
 へびサミット&大蛇まつり (2017-04-28 18:26)
 前橋を愛するアートな面々 (2017-02-14 12:51)

この記事へのコメント
ありがとうございました!蜂エキス!
Posted by つっちー at 2016年07月24日 23:01
八死に一生を得る!

ご無事で何よりでした(^o^)
Posted by カズ at 2016年07月25日 09:31
いろいろな意味で 盛り上がった様子。

完全に死んでいて良かったですね……炭酸かアルコールに 反応したので しょうか?

此方は 最近購入したキャブコン(キャンピングカー)で 志賀高原熊の湯へ行き
昼寝してましたが

寒くて 撤退し下界に降りてきました

草津白根も 気温が低い影響か? 去年より 北面の水蒸気が多い感じました

強震モニターを見ていると 藤岡や鬼石辺りは 表面加速度とか 上がってるし
源泉温度が 気になるこの頃
Posted by momotaka at 2016年07月25日 12:37
つっちーさんへ

僕の著書をシリーズ全冊持って会いに来てくださるなんて、感激!
著者冥利に尽きる出会いでした。
ありがとうございました。
また、お会いしましょう!


カズさんへ

いゃ~、ビックリしました。
2匹とも生きていたら今頃は……
考えただけで、怖気立ちます。


momotakaさんへ

熊の湯へは、近々行く予定です。
そんなに寒いのですか?
上着を1枚、持って行ったほうが良さそうですね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年07月25日 20:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
小次郎も死んだのさ
    コメント(4)