温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年08月10日

伊香保温泉 「ホテル きむら」


 伊香保温泉は、ワンダーランド!
 訪ねれば訪ねるほど、巡れば巡るほど、知れば知るほど、ますます、もっと先を見たくなります。
 僕は現在、ライフワークのように毎週、伊香保温泉を歩いています。

 昨日は、ロープウェイに乗って、温泉街を一望する物聞山(ものききやま) の山頂へ。
 標高976mの見晴展望台からは、絶景の大パノラマを堪能!
 前橋市内は猛暑でも、ここは別天地です。
 高原の午後を満喫してきました。


 山から下りれば、もちろん待っているのは温泉です。
 昨晩は、3代目主人の木村幸久さんのご厚意により、「ホテル きむら」 に泊めていただきました。
 「ホテル きむら」 は、ロープウェイから降りて、右に行った最初の宿です。

 玄関の入口に、大きなセピア色した写真が貼られているのに気づきました。
 昭和初期の伊香保石段街の風景で、富岡製糸所の女工さんたちが大勢写っています。

 目を凝らして、よーく見ると、女工さんたちが立つ石段の脇に、看板が写っています。
 「湯宿 木村利平客室」 と読めます。

 説明書きには、<時の流れを物語る貴重なケヤキ彫り看板はフロントの壁面に現物が飾られている> とあります。
 もちろん、フロントに立った僕の第一声は、
 「その看板、見せてください!」

 昭和40(1965)年、先代が現在地に移転し、現在の「ホテル きむら」 が誕生したとのことです。


 4階の大浴場にある展望露天風呂は、畳敷きの樽風呂という珍しい造り。
 子持山や小野子山の稜線を西陽が照らす夕景を眺めつつ、サラリとした 「白銀(しろがね) の湯」をのんびりと浴みました。

 湯から上がれば、目指すは1つ!
 1分でも早く、食事処にたどり着き、生ビールを注文すること。
 「カンパイ! お疲れさまでした」
 と、カメラマン氏と祝杯を上げていると……

 「レディース&ジェントルメ~ン!!」
 とステージのどん帳が上がり、マジックショーの始まりです。
 子ども連れの多い夏休み期間中は、毎日、ショーがあるのだとか。
 それも大掛かりな、イリュージョンマジックです。

 美女の胴体がバラバラになったり、箱に入れられた女性と外の男性が一瞬に入れ替わったり、絵に描かれたハトが突然本物になって飛び出したり……。
 子どもでなくても、ハラハラドキドキしながら見ちゃいましたよ。
 だって、ふだんはテレビの中でしか見たことのないマジックが、実際に目の前で起きているのですからね。

 お子さんたちには、いい夏休みの思い出になったことでしょうな。


 小さな宿から大きなホテルまで、石段街から大自然まで、いろいろあって伊香保は楽しいのです。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
伊香保温泉 「ホテル きむら」
    コメント(0)