温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年09月01日

僕も “コンビニ人間” だった。


 遅ればせながら芥川賞受賞作の 『コンビニ人間』 を読みました。

 あ~、面白かった!
 この面白さって、一般の人にも伝わるのでしょうか?
 きっと分るんでしょうね。
 伝わるから10万部を超えるベストセラーになっているんですよね。


 どうして、そんなことを言うのかというと、実は僕も “コンビニ人間” だったからです。
 東京から帰って来た25歳からタウン誌の編集者になるまでの4年間、コンビニでアルバイトをしていた経験があります。
 今から30年以上も昔のことです。

 もちろん当時は、「コンビニ」 なんている略語はありませんでした。
 そのまま誰もが 「コンビニエンスストア」 と呼んでいました。
 ※(表記をする際には、「CVS」 と略していた)

 群馬県にコンビニが始めて登場したのは昭和54年ですから、その4年後から僕はバイトを始めたことになります。
 ※(日本で最初にコンビニが誕生したのは昭和48年でから、本県への出店はだいぶ遅かったようです)
 当時、まだセブンイレブンなどの有名コンビニはなく、僕が勤務した店は 「サンチェーン」 といいました。
 ※(ダイエー系のコンビニで、のちにローソンと名前を変えました)

 もちろんレジは、現在のようなバーコードを読み取るボスレジではなく、一つ一つが手打ちです。
 ですから値札シールが付いていないと、パニックになりました。
 宅配便の受付や公共料金の支払いのような物販以外のサービス業務もありません。
 商品のアイテム(種類) も、現在の品揃えからは考えられないほどに簡素なものでした。

 何よりも、“24時間営業” が珍しかった時代ですからね。
 「この店、シャッターがないけど、いつ閉めるの?」
 なんていう客は、ざらにいましたよ。
 一晩中やって来て、「本当に夜中も開いているんですね!」 と納得して帰る客が何人もいましたもの。


 僕は36歳の時にタウン誌を辞めて、フリーのライターになりましたが、最初の年は仕事がなくて食っていけませんでした。
 そんな時、また手を染めたしまったのが、コンビニでした。
 ライターとして食えるまでの1年間は、コンビニ店員だったのです。
 計5年間、“コンビニ人間” をやっていたことになります。

 作者の田村沙耶香さんは、ちょうど僕が2度目のコンビニ人間をしていた時の年齢です。
 小説の中の主人公も、同じ歳です。
 文中には、「結婚もせず、就職もせず、バイト暮らし」 であることを世間から否定される描写が繰り返し出てきます。

 人間失格?
 でも、これが私の唯一の社会との接点。

 その葛藤は、当時の僕も同じでした。
 結婚はしていたけど、就職は柄じゃない。
 「今に見ていろよ!」 と、心の中では拳を振り上げているけど、現実は空回り。
 あの頃の自分を思い出して、胸の奥のほうが、なんだかくすぐったくなりました。


 主人公が知らないコンビニに客として入って、ついつい商品の陳列を直してしまうシーンがあります。
 これって、“コンビニ人間” の悲しい性なんですよね。
 さすがに今はやらなくなりましたが、当時の僕は、他のコンビニに行くと同じことをしていましたもの。

 前陳(ぜんちん) です。
 ※(陳列棚の奥の商品を引き出して、売れて空いたスペースを埋める作業)

 日本中に、こんなにもコンビニがあるのだから、さぞかしコンビニ人間がたくさんいるんでしょうね。
 いろんな人間がいて、いいんじゃないかな!
 否定するのは簡単だけど、肯定して生きるのも、また人生だもの……。
  

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)
 われら、逃げ切り組 (2018-10-02 13:58)
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
僕も “コンビニ人間” だった。
    コメント(0)