温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年09月12日

岩倉さんでもいいですか?


 「ちょっと、頼みたいことがあるんだけど……」
 実家の台所で洗い物をしていると、リビングの奥のベッドからオフクロが僕を呼びました。

 「甘いものと、しょっぱいものが食べたいのよ。チョコレートとおせんべいを買ってきてくれないかい?」
 そう言って、千円札を2枚渡されました。

 「2,000円もいらないよ」
 「ふふふ、1,000円だよ」

 手にとって、よーく見ると……
 おおおっ、色もサイズも似ているが、野口英世ではない!
 岩倉具視だぁ~!!!!

 「どうしたんだい、この札?」
 と問えば、
 「タンスからたくさん出てきた」
 とのこと。
 「だったら換金すればいいのに?」
 と言えば、
 「いっくらにもならないよ。今でも使えるお金なんだから、使っちゃおうよ」
 と、なんだか嬉しそうに言うのです。


 明治の政治家、岩倉具視が描かれた五百円札は2種類ありますが、オフクロから手渡されたのは昭和44年発行の新しいほうです。
 昭和60年まで製造され、平成6年に支払いが停止されています。
 現在では、ほとんど見かけなくなりました。

 でも、お札はお札です。
 なんだか僕も、ちょっぴり買い物が楽しみになってきました。


 チョコレートとせんべいを入れたカゴを持って、スーパーのレジへ。
 そこで、怖気づいてしまいました。
 もし、偽札と思われたらどうしょう。と……。

 開放されているレジは、4台。
 うち3台は、若い学生のアルバイト女性です。
 <ダメだ、この娘たちは五百円札を知らない>
 と思い、一番奥の年配の女性のレジに並びました。
 歳の頃は、50代後半~60代前半です。
 <きっと彼女なら大丈夫>

 「○○○円のお買い上げです」
 「あの、五百円札でもいいですか?」
 「えっ、ええ」
 一瞬、戸惑ったようでが、僕から札を受け取ると、
 「まあ、珍しい! 初めてですよ」
 と言って、精算してくれました。

 でも、待てよ!
 今、彼女は受け取った金額を手で入力したぞ!
 「やっぱり、機械には通りませんかね?」
 僕が言うとね
 「でしょうね。試しに、入れてみましょうか?」
 と彼女も好奇心に満ちた顔で、五百円札を機械に投入しました。

 案の定、機械は受け付けず、紙幣は戻ってきてしまいました。
 「残念でしたね。機械には嫌われたようですね。でも、使えますからご安心ください」


 ふ~ん、そうなのか。
 使えるけど、機械は受け付けないんだ。
 やっぱり、年配の女性のレジに並んで良かった。

 なんだか、ちょっぴり得をしたような、不思議な気分になりました。
 今度は、伊藤博文の千円札で買い物をしてみようかなぁ~。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 となりの芝生 (2018-02-19 13:47)
 キレる中高年 (2018-02-14 12:40)
 小さな手と手 (2018-02-12 13:06)
 16歳へのレクイエム (2018-02-02 18:27)
 トンカツと温かい手 (2018-01-29 13:56)
 鬼の道 素通り (2018-01-27 12:36)

この記事へのコメント
若いレジの方はどんな対応したのか気になりますね。今度はぜひ若い人のところで。
Posted by 優・寛の母さん at 2016年09月13日 15:48
優・寛の母さんへ

そうですね。
若い人の反応も気になりますね。
次回は、コンビニで試してみます!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年09月14日 13:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
岩倉さんでもいいですか?
    コメント(2)