温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年09月26日

頑張った自分に赤兎馬を


 ドッと疲れが出たようで、目覚めたら正午を回っていました。
 10時間以上も爆睡していたことになります。


 「自分をほめてあげたい」
 と言ったのは、確かマラソン選手の有森裕子さんでしたっけ。
 それほどの頑張りではなかったのですが、この年齢で2日間のイベントは、かなり肉体に応えたのであります。

 何か、自分にご褒美を出してあげよう!
 2日間、ズーッと考えていました


 一昨日(24日) の土曜日は、中之条町(群馬県吾妻郡) でのエフエム群馬の公開生放送に出演。
 パーソナリティーの竹村淳矢さん、櫻井三千代さん、ザ・キャプテンズ傷彦さん、テッドさんらと、温泉トークを楽しんできました。
 その後、中之条町長と会食。中之条町の観光PRについてを話し合いました。

 さすが人気の番組 「G☆FORCE」 であります。 
 用意した客席は満席で、ズラ~リと立ち見客が会場を囲みました。

 パーソナリティーとキャプテンズのファンがほとんどでしたが、僕を目当てに来てくださった読者や温泉宿のご主人なんかもいて、本当に楽しい時間を過ごせました。
 スタッフのみなさん、出演者のみなさん、そして会場に来てくださったお客様、ありがとうございました。


 そして一夜明けた昨日(25日) は、待ちに待った東京ビッグサイト(東京都江東区有明) で開催中の 『ツーリズム EXPO ジャパン』 に出演するため、早朝4時半起きをして、いざ、東京へ!

 ひぇ~~!! 相変わらず東京はスゴイところですなぁ~。
 人、人、人、人……
 ビル、ビル、ビル……
 田舎者は、ただただ、目をキョロキョロするばかり。
 開場前だというのに、すでに正面ゲートには長蛇の列であります。

 僕はイベント担当者に誘導されて、人波の中をスーイ、スーイと。
 ゲストだもの、それくらいの特典があってもいいのです(優越感!)。


 無事、2回の講演を終えて、汗だくになって、ビッグサイトの外へ。
 まずは電車に乗る前に、ビールです。
 コンビニに駆け込み、ビル群の谷間の公園で、一人で祝杯を!

 ドッと疲れが出ました。
 でも、これで終わりたくない!
 頑張った自分に、何かご褒美をあげようじゃないか!

 「ん? 何がほしい? 酒か?女か?」
 と訊かれれば、迷わず 「酒です!」 と答えます。
 それも、「赤兎馬(せきとば) です」 と元気良く。
 ※(幻の芋焼酎 「赤兎馬」 については、当ブログの2014年7月14日 「赤兎馬の酔夢」、2015年9月27日 「赤兎馬が来た!」 を参照)


 ということで、帰りの駅のホームから僕に赤兎馬の味を教えた居酒屋 「T」 のマスターにメールを打ちました。
 すぐに、「お待ちしてしています」 の返信が。
 よって高崎駅にて、途中下車。

 大好物の塩モツ煮とともに、存分に赤兎馬の芳醇な香りとコクを味わったのであります。
 こんな僕を、あたたかく労ってくれるマスターとママさん、いつもありがとうございます。

 また頑張ったら、ご褒美に寄りますね!


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 幻に始まり、幻に終わる。 (2017-10-09 15:59)
 月に酔う 酒に跳ぶ (2017-10-05 19:00)
 赤兎馬に酔う夢のつづき (2017-09-17 23:01)
 七夕の夜風を切って救急車 (2017-07-09 17:30)
 なぜにあなたはHへ行くの? (2017-06-29 14:54)
 赤兎馬に願いを込めて (2017-06-03 13:26)

この記事へのコメント
昨晩、居酒屋「T」にて御一緒させていただいた者です。
初めての高崎でとても楽しいお時間過ごさせていただきました。
自分も今度は赤兎馬を飲んでみようと思いました。
Posted by ヒルマン at 2016年09月26日 16:33
あああ~、、マロパパ先生の講演いけなかった、、、本当に残念であります。
そのとき、わたしたちは埼玉のはじっこにいました・・涙。で、夫とのお約束通り、むん!!と、焼酎を・・・。赤兎馬、いいですよね♪わ~いいないいな♪ 東京の
喧騒は、先生お疲れになったのでは・・・・わたしも苦手です(>_<)
う~ん、やっぱり、群馬の講演会に、いつか行きたいなり!!マロパパ先生、本当にお疲れ様でした!!!
Posted by ムク at 2016年09月26日 22:55
エフエム群馬生放送はバッチリ聴きましたよ~!
がんばれ売れっ子講師!(^^)v
Posted by ふみひこ at 2016年09月27日 13:22
ヒルマンさんへ

あら! カウンターの左隣のお客様ですね。
イチゲンで、あの急な階段を昇って入れたとは、なかなかの“居酒屋荒らし”と見ましたよ!
ぜひ、今度は赤兎馬でカンパイしましょう!!


ムクさんへ

ありがとうございます。
昔から、雑踏と喧騒が苦手でして、やっぱり緑の山々に囲まれた自然豊かな田舎が好きですね。

願っていれば、いつかきっとチャンスは訪れます。
その時は、「ムクです」「マロパパです」と笑顔でお会いしましょう!


ふみひこさんへ

いつも応援、ありがとうございます。
頑張っているつもりなのですが、40代とは違います。ましてや30代のフットワークはすでに幻であります。
でも、なんとか50代を乗り切ろうと、気力だけでやっています。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年09月27日 21:36
にっぽんの温泉100選の中間発表に「みなかみ18湯」が52位にランクアップされています。
これは、小暮師匠の本の影響が多大にあったと思います。
バンザーイ(^_^)
Posted by ヒロ坊 at 2016年09月28日 10:19
ヒロ坊さんへ

さっそく、みなかみ町観光協会に教えてあげたところ、大変よろこんでいました。
みなかみ温泉大使としても、うれしい限りです。
ご報告、ありがとうございます。
この勢いで、ベスト50入りを果たすといいですね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年09月28日 22:29
先日は、お疲れのところをお寄りいただきまして、まことにありがとうございました❗️

お疲れのはずなのに、赤兎馬の杯が重なるごとに見る見る先生のエンジン回転数が上がっていくのを感じました。
どんどんパワーが増して行く50歳代(後半)カッコイイ❗️❤︎

赤兎馬は、先生のエネルギー源なんですね★
そんな先生、ちょっと素敵です(*⌒∇⌒*)テヘ♪
おかげ様で、当店の同席したお客さんも含め、大変楽しゅうございました❗️

また、ぜひお寄りくださいませ。
赤兎馬と塩モツ煮、マスターとまちゃ姉がいつでもお待ちしております。

By . 居酒屋「T」
Posted by まちゃ姉まちゃ姉 at 2016年10月03日 13:21
まちゃ姉さんへ

いやいや、お恥ずかしい!
でも、おかげさまで、あの日は完全燃焼して一日を終えることができました。

いい店は、うまい酒あり、おいしい肴あり、楽しい客あり。
そして、聞き上手の店主あり。

また、ぷらりと寄らせていただきます。
マスターに、よろしくお伝えください。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年10月04日 11:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
頑張った自分に赤兎馬を
    コメント(8)